Turnstile(ターンスタイル)
『Glow On(グロウ・オン)』

ボルチモア出身のハードコア・バンドの3作目。アラブのメロディーからやRage Against the Machine(レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン)のヒップホップな要素、クイックサンドのトリッキーな要素など、あらゆるハードコアを総まとめにした内容の『Nonstop Felling(ノンストップ・フィーリング)』に続き、出世作となった前作の『Time&Space(タイム&スペース)』は、野太いギターのハードコアを中心に、The Stooges(ザ・ストゥ―ジーズ)のような扇情的なロックナンバーや2コード・2ビートのネイキッドむき出しハードコアを展開した作品だった。サウンドの方向こそと違えど、CODE ORENGE(コード・オレンジ)やFULL OF HELL(フル・オブ・ヘル)などのバンドと同様、最先端のハードコアを提示した作品だった。

 

前作以上にさらに話題となっている今作では、エレクトロポップな要素を取り入れ、かなりポップな作品に仕上がっている。今作でも独特なリズムを刻む野太いギターのオールドスクール・ハードコアが、サウンドの骨格になっている部分に変わりはない。コンガなどの独特な打楽器から、高音のリヴァーブギター、静と動のコントラスト、ムーヴシンセ、静けさにブンブンうねるベースからファンクなリズムなどを、ハードコアのフォーマットに取り込み、雑多で複雑な音が絡み合っている。

 

まるで朝露のようなキラキラ光る希望にあふれた美しさと、雲の上の世界のように幻想的でゆりかごのような心地よさを想起させるサウンド。ハードコアから進化した実験的で新しいサウンドであることに間違いはないが、そこにはハードコア本来の魅力であった攻撃性や熱量はない。だが、自分たちにしかないオリジナルティーを追求しようとする姿勢と、夢のなかのような幻想的な世界は、聴くものを虜にさせる魅力がある。けっしてハードコアではないが、オリジナルティーを追求している観点からすれば、素晴らしい作品といえるだろう。

 

エロクトロポップに路線変更したしたといえば、BRING ME THE HORIZON(ブリング・ミー・ザ・ホライズン)の『amo(アモ)』を思い起こすが、そこまで売れ線を目指しセルアウトにした作品でもない。個人的に彼らのなかで一番好きな作品は、ハードコアにヒップホップやネオ・サイケなどの別の要素を加えたバンドたちのサウンドを総まとめにした『Nonstop Felling(ノンストップ・フィーリング)』。そういった意味では、ハードコアの魅力を失っていささかさびしさを感じるが、これはこれで魅力のある作品だ。

Tooth and Claw(トゥース・アンド・クロウ)『 Dream of Ascension (ドリーム・オブ・アセンション)』

Earth Crisis(アースクライシス)のScott Crouse(スコット・クルース)、Die Young(ダイ・ヤング)のDaniel Austin (ダニエル・オースティン)、Magnitude(マグニチュード)のCameron Joplin(キャメロン・ジョプリン)というヴィーガン・ストレートエッジ・ハードコアの重鎮たちによって結成されたバンドのデビュー作。

 

コロナウイルスの影響によって自粛期間中に制作された作品で、どのメンバーもサブプロジェクトとして活動しているようだ。そのサウンドは、アースクライシスのメタリックなハードコアをベースに、メタリックなギターや、叙情的でダークなメロディーフレーズを取り入れ、90年代ニューヨーク・ニュースクール・ハードコアをさらに深化させたサウンド。

 

ハンマーで叩きつけるようなノイジーで金属的な重厚なギターのリフに、破滅の淵でまどろんでいるような耽美でダークなメロディーが絡む展開。まるで心の奥底に潜む弱さを、内省的に深く見つめているような感覚を受ける。激しくシリアスで厳しさの奥底にある弱さを感じさせるサウンド。

 

歌詞はヴィーガン・ストレートエッジ・バンドらしくストイックで日常的で内向きな内容が多い。“Your Crucifixion (あなたのはりつけ)”では、苦しみを乗り越えたとき、最良のものを手に入れられると歌い、“Time’s Desire (時間の欲望)”では、哲学者『シモーヌ・ヴェイユ』の<美と不幸が真理に至る道になる>という考えを引用し、苦しみと恐怖を乗り越えた先にある真理を追究している。キリスト教的な神の善と、欲望などの悪の心。そんな内面的な葛藤と闘いや、自分を厳しく律し、苦しみの先にある最良な真理を追求しているバンドなのだ。

 

シリアスでストイックなハードコア。ここまで内面を追求しているバンドもそうはいない。ヴィーガン・ストレートエッジ・ハードコアの極北の位置にいるバンドなのだ。

SOUL GLO(ソウル・グロー)
『 DisNigga, Vol. 2 (ディスニガー, Vol. 2)』

フィラデルフィア出身のアフロ・ハードコア・バンドの4作目のEP。アメリカ国旗を燃やしたジャケットや『DisNigga(侮辱する黒人)』というスラングのタイトルから分かる通り、初期のころから一貫して、アメリカ社会におけるアフロ・アメリカンの虐げられた現状や、劣等感、実際に起きた事件などについて歌ってきた。

 

白人男性にレイプされるアフロ・アメリカンの女性や、フィラデルフィアで起きた白人警察によるアフロ・アメリカンへの暴力、アフロ・アメリカンであるがゆえに下層階級に属され、味わった劣等感や貧困、グロバリゼーションという名の白人至上主義などの、階級格差や差別などのアフロ・アメリカンのリアルな日常について歌ってきた。その生々しい内容の歌詞には、怒りよりも、何もできない憤りや、なぜという悲痛な叫び声のほうがより強く反映されている。

 

そのサウンドは実験的な要素が強く、次世代のポストコアと呼べるようなオリジナルティーあふれている。Bad Brains(バッド・ブレンイズ)やYDLなどの80年代東海岸ハードコアと、90年代のポリティカル・ニューヨーク・ハードコア・バンドのBorn Against(ボーン・アゲンスト)を合わせたサウンドをベースに、CEREBRAL BALLZY (セレブラル・ボールジー)の激しさ、At The Drive-In(アット・ザ・ドライブイン)のような静と動のコントラストなどの00年代以降の要素を合わせたデビュー作の『 ” “』。トリッキーなギターを取り入れ、ポスト・ハードコアなアプローチで実験的なサウンドをさらに突き詰めている『UNTITLED LP(無題LP)』。激烈ハードコアの『THE NIGGA IN ME IS ME(ザ・ニガー・イン・ミー・イズ・ミー)』と、より激しく、より過激に、よりスピーディーに、よりカオティックに進化してきた。サウンドの方向性こそ微妙に異なるが、Touché Amoré(トゥーシェ・アモーレ)と同様、新世代のポスト・ハードコアを代表するバンドなのだ。

 

『 DisNigga, Vol. 2 (ディスニガー, Vol. 2)』と名付けられた今作は、アメリカで奴隷解放宣言を祝う祝日”ジューンティーンス”(6月19日)に発売。狂ったデジタル音やピップ・ホップ、ファンクなどを取り入れ実験的だった前作の『DisNigga, Vol. 1 (ディスニガー, Vol. 1)』と比べると、シンプルなハードコアな作品に仕上がっている。2コード2ビートのシンプルなハードコアで、スピードが上がっていくにつれ感情が高揚していく展開。扇情的で怒りむき出しのギター、めちゃくちゃなリズムのドラム、取り憑かれたようなけたたましい叫び声のボーカル、悲痛と怒りが入り混じり、演奏技術を無視し、勢いや情動を重視している。

 

今までの作品と比べると、歌詞は希望やポジティヴな要素を求めた内容が多い。憧れと名付けられた“YERRRNIN (憧れ)”では、<私は彼らに愛が何であるかを知らなかったことを納得させ、弱者のために人生に導いた>と歌い、“B.O.M.B.S. ”では、<あなたたちは私たちの心を奪うことはできない。私たちは笑顔で全世界を洗い流す。>と歌っている。いままでどこが被害者意識や劣等感が見受けられたが、この作品では、逆にアフロアメリカンであることの誇りや気高さを全面に出し、まるで悟りを開いたかのように、愛や仲間意識といった友愛の感情を謳っている。彼らの精神的な成長を感じる作品なのだ。

 

同じものは2度と作らない姿勢は、歌詞にもサウンドにも貫かれている。エピタフ・レコーズから次に発表される4作目となるフルアルバムは、おそらく年間ベスト10に入ってくる内容になるだろう。それほど、将来を期待され、要注目のバンドなのだ。