Agnostic Front(アグノスティック・フロント)
『Get Loud(ゲット・ラウド)』

19年に発売された4年ぶり12作目。近年のアグノスティック・フロントは、Hatebreed(ヘイトブリード)やTerror(テラー)などの現在ニューヨークの主流となっているメタル色の強いハードコアを取り入れた作品を発表していた。今作では原点回帰な内容。

 

『cause for alarm(ケース・フォー・アラーム)』のアルバムジャケットを担当したSean Taggart(シーン・タガート)が今作のアルバム・ジャケットデザインを制作した事実が象徴しているように、今作では『cause for alarm(ケース・フォー・アラーム)』のころの、スラッシュ・クスロスオーバーを意識したサウンドを展開している。

 

アグノスティック・フロントのクロスオーバースタイルとは、畳みかけるようにボーカルスタイルと性急なハードコアのスピード感に、テクニカルなギターソロやOiなどを散りばめたスタイル。『ケース・フォー・アラーム』自体、世間では評価が高い作品であったが、ボーカルのRoger Miret(ロジャー・ミレット)は、曲作りにかかわっていないという経緯があって、このアルバムの曲が嫌いだそうだ。

 

だが素晴らしいサウンドだったため、『ケース・フォー・アラーム』似た作品を作り直したいという気持ちがロジャーのなかでどこかにあったのかもしれない。だから今回、リベンジしたのだろう。

 

畳みかけるようなボーカルと性急なスピードとOiを取り入れた部分では『ケース・フォー・アラーム』を踏襲している。だからといってけっして完コピというわけではない。野太くノイジーなギターや、重くスローパートなハードコアを取り入れたという部分では、今風な部分を取り入れている。テクニカなメタルギターを廃し、余分なぜい肉をそぎ落とした、シンプルで重くノイジーでOi度の高い男くさいハードコア。

 

ニューヨークでも治安の悪いエリアの出身で、過去に刑務所に2年間入っていた前科もあり、全身タトゥーまみれでワルの親分というイメージが強いアグノスティック・フロント。今作もそのイメージに違わず、気合の入った男くさいハードコアなサウンドと、ギャングのようなアティテュードを貫いている。

CRO-MAGS(クロ-マグス)
From The Grave(フロム・ザ・グレイブ)

Agnostic Front (アグノスティック・フロント)、Murphy’s law (マフィーズロー)と並び、ニューヨーク・ハードコアの創始者の一つとして知られるクロ-マグス。John Joseph(ジョン・ジョセフ)とHarley Flanagan(ハーレー・フラナガン)が対立し、現在2つのCRO-MAGS(クロ-マグス)が存在する。今回発表されたEPは、ハーレー・フラナガンが制作した作品。昨年19年ぶりに発表された前EPに次ぐ、2作目のEP。

 

86年に発表された『The Age Of Quarrel(ジ・エイジ・オブ・クォーレル)』は、メタルとハードコアを、重く金属的にクロスオーバーし、独特なスタイルを確立した作品だ。その後のニューヨーク・ハードコアのひな型を作ったバンドといっても過言でないほど、後世のニューヨーク・ハードコアのバンドたちに多大な影響を与えた。

 

当時はニューヨーク特有のクロスオーバーと言われたが、いまとなってはスタンダードでベーシックなオールド・スクール・ハードコア。今作でも前EPに引き続き、『ジ・エイジ・オブ・クォーレル』と『Best Wishes(ベスト・ウィッシュレス)』の延長上にある作品で、クロ-マグスらしいサウンドを展開している。

 

EPは3曲入りで、トラウマのようなダウナーなインスト曲と、金属的で硬度の高いギターと男くさく野太い歌声のパワフルで力強いハードコア・サウンドを収録。野太く低い歌声には、どこか苦悶の表情が伺え、シリアスなムードが漂っている。

 

今作では個人的な悩みについての歌詞が多い。“PTSD(心的外傷後ストレス障害)”では、戦争という巨大な暴力と怒りと罪悪感について歌い、“From the Grave(墓から)”では、何度も友達に裏切られたと、リアルな体験談について歌っている。まるで苦しみと向き合い、カウンセリングを受けているかのような告白。もだえながらも苦難を乗り越えとする姿があるのだ。

 

ハーレー・フラナガンといえば、自分の後釜としてクロ-マグスでベースを担当したMike Couls(マイク・クールス)をナイフで刺し、もう一人のメンバーを噛んで逮捕されたりと、数々の事件を起こした人物である。おそらく軍人のように頑固で感情的になりやすい人なのだろう。穏やかで人がよさそうなジョン・ジョセフのほうが人気があるそうだ。だがハーレーのクロ-マグスに対する情熱は本物だし、たくさんのアルバムを発表し、何かと熱心でアクティブに活動している。今作からも熱はものすごく伝わってくる。ニューヨークという大都市の暗さと甘美な苦痛を感じるいい作品だ。

KALEIDOSCOPE (カレイドスコープ)
AFTER THE FUTURES… LP(アフター・ザ・フューチャーズ…LP)

ニューヨーク出身のパンク/ハードコア・バンドのEP合わせて7枚目となる作品。ニューヨーク・ハードコアといえば、マッチョな不良が多いクロスオーバー・シーンか、ストレートエッジ・ムーヴメントを起こしたユースクルー・シーンの、どちらかをイメージするだろう。だが彼らはどちらのシーンにも属さない、異端なバンドなのだ。

 

REAGAN YOUTH (レーガン・ユース)からBORN AGAINST(ボーン・アゲインスト)へと続く、ニューヨーク・ハードコアの裏シーンのバンドで、ポリティカルなアティテュードと、アナーコ・パンクの伝統を受け継いでいる。BLACK BOOT(ブラック・ブート)、DEFORMITY(ディフォーミティ)、IVY(アイヴィー)、JJ DOLL(ジェイ・ジェイ・ドール)等、現行NYハードコア・パンクシーンで活動するShiva Addankiらのメンバーらによって結成された。バンド名のKALEIDOSCOPE (カレイドスコープ)とは、万華鏡のことで、その名の通り、サイケデリックな要素をパンク/ハードコア・サウンドに散りばめている。

 

そのサウンドは、レーガンユースや初期Sonic Youth(ソニックユース)、CRASS(クラス)などのノイジーなパンクサウンドをベースに、インドのシタールや、奇怪な電子音、トライバルなリズムと合わせ、トランシーで、サイケデリックトランシーなサウンドを展開している。

 

今作でも、ノイジーでサイケデリックなサウンドに変化はない。ただ前作と比べると、サイケデリックな要素は薄れ、よりハードコアで激しくノイジーに満ちたサウンドに変化している。性急なパンク・サウンドの“DEFCON(デフコン)”から、怒りの言霊を叩きつけるような“ZERO TOLERANCE(ゼロ・トレランス)”、警告音のようなギターが印象的な“AFTER THE FUTURES(アフター・ザ・フューチャーズ)”、爆撃を受けた街のようなノイズと破壊や熔解によって歪んだサイケデリックなサウンド“SIGINT – E.K.I.A.(シギント-E.K.I.A)”、怒りが焦燥をかきたてるリズムによってピッチが上がっていく“DEVELOPMENT CRISIS(ディヴェロメント・クライシス)”、すべての曲がノイジーで不穏な空気に包まれ緊迫感に満ちたサウンドを展開している。

 

簡潔な言葉で怒りを吐き捨てる怒声からは、尋常でない怒りを感じる。歌詞は、<多国籍軍隊の下でネットワーク化された職業>や<奴らはあらゆる反対を破壊する>、<最も貧しい人たちがつねにリスクを負う>、<貧困と腐敗>といった内容が目立つ。そこには世界を支配するアメリカ政権へと、世界の富を収奪するグローバル企業への怒りを感じる。アメリカ全体の社会問題を問いただすような内容なのだ。

 

ノイズ、ハードコア、アナーコパンクをサイケデリックなデジタル音とブレンドし、怒りに満ちたサウンドは、腐敗した政権に正面から立ち向かう、まさに正統派パンクと呼ぶべきバンドだ。今作も闘争的で素晴らしい作品なのだ。

こちらからダウンロードできます。