Dropdead (ドロップデッド)
『2020』

ロードアイランド州プロビデンス出身のパワーバイオレンス・バンドの、じつに22年ぶりとなる3作目。正式な形でのリリースは22年ぶりとなるが、その間、Converge(コンヴァージ)とのスプリットEPや、『Demo2019』などの作品をBandcamp(バンドキャンプ)で発表し、コンスタントな活動は続けていた。

 

彼らの存在を一躍有名にしたアルバムは、93年に発表された『落とす死』。Discharge(ディスチャージ)を、よりスピーディーに、よりファストに、よりノイジーにしたサウンドで、ナパーム弾のような爆裂ノイズを中心に、怒りや嘆きといった阿鼻叫喚に満ちた作品だった。

 

今作でもDROPDEAD(ドロップデッド)節は相変わらず健在で、1分台で終わるパワーバイオレンスなサウンドを展開している。だが前作までと比べると、Discharge(ディスチャージ)色は薄れ、GBH寄りな骨太でパワフルなハードコアに変化している。

 

どろどろしたマグマのようにブンブンとうねるベース。スピーディーで目まぐるしくけたたましい勢いのドラム。土石流のように目の前に襲い掛かってくるノイズ・ギターの壁。すべてが簡潔で激しくファストなサウンド。そのノイジーな音壁の向こうには、は苛立ちと危機感と怒りに満ちている。

 

ボーカルは怒声からしっかりと聞き取れる歌声に変化。その理由はおそらく歌詞の内容を伝えたかったからだろう。アルバム・ジャケットのモノクロの街の廃墟の写真が象徴している通り、戦争をすることよって腐敗したアメリカ合衆国の問題点を、浮き彫りにしている。

 

歌詞は一つのコンセプトでくくられている。戦争することによって利益と強権を得ているアメリカへの“warfare state(戦争国家)”から、富裕層と白人という特権階級しか優遇されない “United States Of Corruption(アメリカ合衆国の腐敗)”。そんな特権階級のために戦争に行くことが出来るかと問いかけた“Will You Fight?(あなたは戦いますか?)”。そして最後は選択次第では輝かしい未来を勝ち取れることを信じた“The Future Is Yours(未来はあなたのものです)”で幕を下ろす。

 

そこには右翼過激主義が台頭し、自己中心的で特権階級しか優遇されない腐敗したアメリカの現状を、怒りを込めて歌っている。そしてアメリカ・ファーストを掲げながらも、マイノリティーは恩恵を受けることが出来ない現政権への欺瞞を、嘘のベールを引き裂きながら、国民に目を覚ませと、訴えかけている。

 

まさに怒りに満ちたポリティカルなハードコアな作品。イギリス初期ハードコアの伝統を、かたくなに守り、継続したサウンド。目新しさこそないが、現在の若者のハードコア・バンドに足りない精神性や怒りを提示している。本来のハードコアとはこんなものだと、存在意義を明確に示した作品なのだ。

こちらから購入できます。

CROW KILLER(クロウ・キラー)
Enslaved To One

ソルトレイクシティ出身の新世代のメタルコア・バンドのデビュー作。CODE ORENGE(コードオレンジ)やJESUS PIECE(ジーザス・ピース)などの新世代を代表するヘヴィーロックをベースに、Congress(コングラス)やLiar(ライアー)などのベルギーのH8000シーンのバンドと、Detain(ディテイン)やVamacharaなどヘビーモッシュ・ハードコアを融合した、メタリックなハードコア・サウンドを展開している。

 

CROW KILLER(クロウキラー)というバンド名は、おそらくインディアンを虐殺した西部開拓者の名前から採ったのだろう。何やら保守的な匂いの漂うバンドだ。曲のタイトルも“Hang Tight”(じっと堪える)や“Stand and Suffer”(立ち上がり感情的な痛みを感じる)など、暴力に耐え忍び憎しみと怒りを増幅させているようなマッドな感情を連想させる。

 

そのサウンドは、CODE ORENGE(コードオレンジ)以降のダウナーで退廃的なヘヴィネスだ。激しく重い金属質なリフと、妖艶で不気味に漂う退廃的なギター・メロディーの組み合わせで、どろどろとした狂気に満ちている。CODE ORENGE(コードオレンジ)やJESUS PIECE(ジーザス・ピース)と比べると、アレンジも展開もシンプルで、プリミティブなハードコアやメタルに近い。デス声よりも叫び声に近いボーカル。刹那的な爆発力のあるギター。厳かな静けさのスローパートとマッドなハイテンションを折りませながら、発狂した感情を紡いでいく。リズム感も悪くところどころに不協和音を感じる。だがその不協和音こそがおどろおどろしい不気味さの原因なのだ。

 

CROW KILLER(クロウキラー)のおどろおどろしい不気味さとは、保守的な因習の狂気さが起因している。憎しみが憎しみを呼び暗殺されるような恐怖。巨大権力に逆らうと思い知らされるような畏怖がそこにはあるのだ。古き因習に満ちたおどろおどろしい恐怖を、メタルにうまくで取り入れた、新世代を代表するバンドなのだ。

NO REDEEMING SOCIAL VALUE(ノー・リディーミング・ソーシャル・ヴァリュー)
『WASTED FOR LIFE (ウェズテッド・フォー・ライフ)』

Murphy’s law(マーフィーズ・ロー)直系のニューヨーク・ハードコア・バンドの10年ぶりとなる9作目。彼らがパーティー・バンドと呼ばれている理由は、金色のスパンコールのブーティーショーツを着て、紙吹雪の大砲を群衆に撃ち込むパーティーのようなライブパフォーマンスにある。

 

そのサウンドは、スピーディーなハードコアを中心とした、シンプルでメタルのないオールドスクールなハードコア。Oiなどを取り入れ、熱く男くさいサウンドを展開。ゴリゴリなオールドスクール・ハードコアだが、どこかGORILLA BISCUITS(ゴリラ・ビスケッツ)のような、ポジティヴなポップ感が漂っている。

 

今作では、さらにネイキッドむき出しのハードコアを展開。スピーディーで野太いサウンドが、さらに勢いと迫力を加速させ、Oiやシンガロング、気合の入ったボーカルなど、男くさい要素をさらにパワーアップさせている。アメリカ国家やアイリッシュフォークなどのアンセムや民謡的なフレーズを取り入れ、誇りや楽しさは倍増されている。そこにはまるでクラッカーの糸くずや派手な飾りつけなどがごった返しているパーティーのような賑やかさと、何が飛び出してくるか分からないサプライズ感が漂っているのだ。

 

たしかに祝福ムードに満ちた“Punk Rock Wedding Song(パンクロック・ウェディング・ソング)”や、“Brew Crew”のような飲酒の賛美歌、“I’m Gonna Puke”のようなパーティーの楽しさなどを全面に出した曲が多いが、シリアスな一面もある。“Separation Anxiety(分離不安)”では、保守とリベラル、人種間の対立など、しっかりと社会問題にも目を向けている。

 

だが総じて熱くファナティックで楽しい気分にさせる。ニューヨーク・ハードコアのなかでも、古き良いものを蘇らせパワーアップさせ、パーティーとファン要素を重視した個性的な作品なのだ。