Punitive Damage(ピューニティヴ・ダメージ)
『 We Don’t Forget (ウィー・ドント・フォーゲット)』

カナダはバンクーバー出身の、日本語で懲罰的損害賠償金と名付けられたアナーコ・ハードコア・バンドのデビュー・デモ。Discharge (ディスチャージ)直系の反戦を掲げているバンドで、Erdoglija Hardcore(EGxHC)と呼ばれるシーンに属しているバンドとしても知られている。

 

Erdoglija Hardcore(エロドリア・ハードコア)とは、セルビアの都市の名前で、おそらくスラブ系のハードコアという意味なのだろう。ボーカルのステフの父親は、ソビエト占領下のなかで育ち、レジスタンス活動に没頭し、友人が秘密警察で密告された経験を持つ。Punitive Damage (ピューニティヴ・ダメージ)は、その父親の理念を受け継ぎ、抑圧された人々の解放、国家や権力者との闘争、富裕層や支配者階級などの権威に立ち向かっていくことをモットーに掲げたハードコア・バンドなのだ。

 

Discharge(ディスチャージ)のUKハードコアや、CRO-MAGS(クロマグス)系のニューヨーク・ハードコア、Black Flag(ブラッグ・フラッグ)のストロングなハードコアを融合し、怒りで荒れ狂うサウンドを展開している。怒りを全力でぶつける怒声の女性ボーカルに、挑発的にうねる2ビートのギターとベース。スローテンポなハードコア・ナンバーを交えながら、尋常でない怒りをぶつけていく。そこにあるのは、雷が脳天に落ちたような峻烈な怒り。ものすごく迫力あるパワーとエナジーに満ちている。

 

『私たちは忘れない』タイトルが示す通り、いままで受けた屈辱や抑圧を忘れず、怒り、闘争していこうという姿勢が如実に現れている。ひさびさにものすごくストレートな怒りに満ちたハードコアな作品に出合った。まさにハードコアの原点中の原点といえる作品なのだ。

こちらから購入できます。

PLANET ON A CHAIN(プラネット・オン・ア・チェイン)
『This Won’t Get Any Fucking Better(ディス・ウォント・ゲット・エニー・ファッキング・ベター) – Demo』

カルフォルニア州はサンフランシスコの向かい側あるオークランドで結成されたハードコア・バンドのデビュー作。Look Back and Laugh(ルック・バック・アンド・ラフ)、 Tear it Up(ティアー・イット・アップ)、and Mutilated Tongue(アンド・ミュートゥレイトゥ・タン)などのメンバーで結成され、ノンスタイルなハードコアを指標に掲げているバンド。

 

サウンドのベースにあるのはSiege(シージ)のようなファスト・コア。そこにニューヨーク・スタイルから、UKハードコア、ブラストビート、ビートダウンにいたるまで、性急な要素をどん欲に取り込み、バラエティーに富んだファスト・コアを展開している。

 

歌詞は、反体制から自己啓発的にいたるまで、外面と内面問わず、自分が感じ奮い立たせるような内容で占められている。“Divisiveness(分裂症)”では、エリートたちの共感の欠如など狭い心について反発し、“Detach(切り離す)”では、人は変わり成長し、人生の苦難を乗り越えていく術について歌っている。“Delusion(妄想)”はテレビがマインドコントロールする恐ろしさについて歌い、“Deaf Ears(聞き流されてしまう)“人の話に耳を傾けることの大切さ、“Exhibited(示した)”はインフルエンサーと呼ばれる影響力が強い人間になるための自己修練、“COUNTERATTACK(反撃)”は敵の弱点を精査し劣勢から反撃にでること、について歌っている。

 

ここでは人に意見に惑わされず、自分が見てきたものを考え判断し、行動しろと、訴えかけている。そういった意味では、D.I.Y精神を大切にしているバンドといえるだろう。

 

サウンドはファストコアをベースにしながら、精神性はモノクロのジャケットというDischarge(ディスチャージ)直系のポリティカルな要素と、Black Flag (ブラッグ・フラッグ)の内省世界を合わせた。古き良き要素を新しくブラッシュアップした作品といえるだろう。

こちらから購入できます。

One Step Closer(ワン・ステップ・クローザー)
『Promo 2020 』

ペンシルベニア出身のユース・クルー・リバイバル・バンドの2曲入りのシングル。スウェットやスタジャン、ハイカット・スニーカーを着た格好で、ストレートエッジにして、ユース・クルー・リバイバルに強いこだわりを持ったバンド。

 

このシングルは、今春発売予定のフル・アルバム『this place you know(ディス・プレイス・ユー・ノウ)』から、先行リリース。サウンド的にはHüsker Dü(ハスカー・ドゥー)から始まり、LIFETIME (ライフタイム)、HaveHeart(ハヴ・ハート)と続いていくメロディック・ハードコアの伝統を受け継いだバンドだ。そこにYouth Of Today(ユース・オブ・トゥディ)やGorilla Biscuits(ゴリラ・ビスケッツ)などの、変則的なリズムを融合。新世代のユース・クルー・サウンドを展開している。それが彼らの特徴なのだ。

 

体育会系のような気合と半端でない熱量のボーカルが、ぐいぐいと押していく。ストップ&ゴーなど、変則的なリズムを交えながらも、いたってシンプルなハードコアを展開している。野太いギター・サウンドのなかに、メロディー・ギターが青春の汗しぶきのようにキラキラと光り輝き、そこには健やかで希望に満ちた熱意を感じる。

 

今シングルでは、エモーショナル・ハードコアな要素を加え、より磨きのかかったサウンドに変化している。スピードを落としメロディーを重視。ボーカルも歌詞のメッセージが伝わる歌い方に代え、メッセージ性によりに重点を置いている。勢いよりも演奏力に重点を置いているため、前作よりも大人びた印象を受ける。前作よりもさらに進化した作品なのだ。

 

ユースクルー・リバイバル・バンドとあって、極悪で不良的なメンタリティーはない。中産階級のような勇気を振り絞って恐怖に立ち向かっていくような、ポジティブな健全さとフェアな姿勢がうかがえる。技術的に精度が上がり、ピークに向かって完成度が増してきた。フルアルバムが期待できる内容だ。

こちらから購入できます。