TOTAL FUCKING DESTRUCTION(トータル・ファッキング・ディストラクション)
『#usa4tfd 』

14年に解散したBRUTAL TRUTH(ブルータル・トゥルース)のドラム、Rich Hoak(リッチー・ホーク)率いるTOTAL FUCKING DESTRUCTION(トータル・ファッキング・ディストラクション)の4作目。

 

フル・アルバムとしては8年ぶりとなるが、これがすごい作品に仕上がっている。このバンドもブルータル・トゥルースと同様、グラインド・コアを展開しているバンドだが、スピード、テクニック、リズム感を一切無視した高速連射のドラミングなど、壮絶なドラムが魅力のバンドだ。BLACK FLAG(ブラッグ・フラッグ)からの影響が強いシンプルで扇情的なハードコア・ギターと、苛立ちを吐き捨てるようなボーカルを中心に、高速で短いファストな曲がならぶ。デス声やデスメタルの重厚なギターなど一切ないサウンド。それがTOTAL FUCKING DESTRUCTION(トータル・ファッキング・ディストラクション)の唯一無二の個性なのだ。

 

グラインド・コアにフリージャズや宇宙遊泳のような不思議な効果音を合わせた『Peace, Love And Total Fucking Destruction』。Converge(コンヴァージ)やThe Dillinger Escape Plan(デリンジャー・エスケープ・プラン)などのマスコアを取り込みよりカオティックに進化した『Zen And The Art Of Total Fucking Destruction(ゼン・アンド・ザ・アート・オブ・トータル・ファッキング・ディストラクション)』。プリミティブなハードコアの怒りと激しさを全面に掲げた『Hater(ヘイター)』と、いままでいろいろな要素を取り込み実験的なサウンドを展開していた。

 

今作では『Hater(ヘイター)』のサウンド路線を踏襲し、より激しく、より重たいサウンドの作品に仕上がっている。とくに迫力を増しているのが、尋常でない迫力のドラム。“Mothers’ Meat(マザーズ・ミート)”では、狂ったスピードの迫力あるドラムが土石流のような勢いで迫ってくる。変わったところではハードロックのギターソロのような“World War 4(第四次世界大戦)”や、ホーラー映画の笑い声を取り入れた“Is Your Love A Rainbow(イッツ・ユア・ラブ・ア・レインボー)”など、新しい要素を取り入れた曲もある。

 

“World War 4第四次世界大戦”や“A Note to My Future Self(未来の自分をノートに書く)”や“Anarchy Chaos Collapse Comedy(アナーキー、カオス、崩壊、コメディ)”では、彼ららしい皮肉やニヒリズムと屈折したユーモアに満ちた世界は健在であるが、将来戦争に発展するような悲惨な未来を予見しているような、珍しくストレートな表現がちりばめられている。

 

前々作ではAnal Cunt (アナルカント)のボーカル、Seth Putnam(セス・パットナム)について歌った“Seth Putnam Is Wrong About A Lot Of Things, But Seth Putnam Is Right About You”があり、前作はMAN IS THE BASTARD(マン・イズ・ザ・バスタード)に引っ掛けた“Human Is The Bastard”があった。そして今作の“Anal Trump Is Gay”では、Anal Trump(アナル・トランプ)をオマージュし、相変わらずグラインドコア・シーンへのリスペクトと愛は健在。

 

このバンドの魅力といえば、グラインド・コアへのこだわりとさらなる進化。そしてパンク・ハードコアの煽情的な怒りと苛立ちというアティチュードを持ったサウンド。今作でも皮肉で屈折したユーモアで世間を批判する姿勢は貫かれているし、なにより腕が引きちぎれるくらいの一球入魂したドラムの壮絶テクニックは、グラインドコアをネクストレベルに押し上げている。いまだ勢いは衰えず、今作もすばらしい作品なのだ。

Neighborhood Watch(ネイバフード・ウォッチ)
Grind, Death & Crust (Compilation)グラインド,デス&クラスト

現在のアナーコ・パンクの最前線にいるアメリカはロスアンゼルスのレーベル、Riot Ready Records(ライオット・レディー・レコーズ)の3枚目となるコンピレーション。

 

全45曲、計40バンドが収録。アンチ・ファシズムやフェミニズム、アニマルライツなどの政治理念を掲げたバンドを集めた前コンピ―レーションと比べると、今作ではクラストやデス、グラインドコアなどのヘヴィーな音にこだわりを持ったバンドを中心に収録されている。

 

ここには、グランドコアにほかのジャンルの音楽を加え、亜種進化的なオリジナルティーを追求したバンドはひとつもない。どのバンドも純粋に、より過激に、より激しい音を掘り下げ追求している。

 

マシンガンの銃声ようなドラムとノイズまみれのギターが印象的な“Slund(スルンド)”。道路工事の削岩機のように激しい振動の連打のドラムに圧倒される“Kill the Con Man(キル・ザ・コン・マン)”。豚の鳴き声のようなガテラルボイスでブルータルデスメタルの進化系である“Incarnate(インカーネイト)”。ハエの羽音のような“immobilizer(イモビライザー)”。狂ったコンピューターのような打ち込みドラムが衣装的な“Vast Slug(ヴァスト・スラッグ)”。高速連射のモールス信号のようなブラストビートの“Senseless Strife(センセレス・ストライフ)”。ブラストビートの連打が速すぎて低音と無音が細切れになり高周波のような不快音を放っている“Xeno Ooze(ゼノ・ウーズ)”。ほとんどのバンドがブラストビートというドラムテクニックを重視し、グラインドコアという括りのなかで、オリジナルティーあふれるサウンドを展開している。

 

それにしてもブラストビートだけでこれだけ多種多様な個性があるのには驚かされた。なかにはシリアスを通り過ぎてジョークに聴こえるバンドもいる。どのバンドも100メートルの世界新記録を塗り替えることが目的のようなテンションで、ひたすら過激な音とスピードを追求している。ここに収録されているバンドたちは、ハードコアやメタルなどのヘヴィーな音の最先端にいることに間違いはないだろう。

 

なおこのコンピの売り上げは、富の再分配を掲げている団体、Defend Boyle Heightsに寄付されるそうだ。音だけでなく思想も筋金入りのハードコアなのだ。

こちらからダウンロードできます。

BILLYBIO(ビリーバイオ)
『 Freedom’s Never Free(フリーダムズ・ネバー・フリー)』

Biohazard(バイオハザード)のボーカルであるBilly Graziadei(ビリー・グラジアデイ)によるソロ・プロジェクト。18年11月に発売されたデビュー作。バイオハザードといえば、ニューヨーク・ハードコア・クロスオーバー・シーンの重鎮として知られるバンドだ。ハードコアとメタルのクロスオーバーといえば、Suicidal Tendencies(スイサイダル・テンデンシーズ)やD.R.Iに代表されるように、ハードコアのスピード感にテクニカルなメタルのギターを合わせた折衷スタイルのバンドが多い。

 

ニューヨークではAgnostic Front(アグノスティック・フロント)やクロスオーバー・スラッシュとして知られたCro Mags(クロマグス)など、独特なスタイルのクロスオーバー・バンドが数多く存在した。バイオハザードはそのなかでも、Helmet(ヘルメット)などのグルーヴィーでスローテンポなメタルに、ヒップホップな歌いまわしと、ハードコア・エッセンスを加た独特なサウンドを展開していた。ヘルメット以降のメタル、ハードコア、ヒップホップをごちゃまぜにしたサウンドは、唯一無二のオリジナルティーを放っていた。

 

デビュー作であるBiohazard(バイオハザード)で確立したサウンドスタイルを、かたくなに継続し、そこにプラスアルファを加えブラッシュアップしてきた。バイオハザードとは、アルバムを発表するごとにメタル度とヒップホップ度が増し、より強硬でヘヴィーなサウンドに深化したバンドなのだ。

 

そしてバイオハザードから7年ぶり、ソロ名義ではデビュー作となる今作では、ニューヨーク・ハードコアの歴史を、体系的に捉えたサウンドを展開している。ひとつのサウンドスタイルに固執していたバイオハザードと比べると、ソロプロジェクトでは、色々なスタイルのサウンドにチャレンジしている。重いリフのギターと重厚なOiコーラスを中心に、スピーディーなハードコアから、初期パンクな曲、Sick Of It All(シック・オブ・イット・オール)のような怒声が特徴的な曲、アグノスティック・フロントのようなギターソロが特徴のハードコア、戦争の悲惨さを想起させるインストゥルメンタルな曲など、パンク・ハードコアというサウンド・スタイルにこそこだわりがあるが、ニューヨーク・ハードコアの歴史を体系的に網羅したような内容なのだ。

 

今回ソロ名義で発表した理由は、闘争的で主張の強いハードコアを演りたかったからではないか。歌詞には“Disaffected World(不満に満ちた世界)”や“Untruth(真実でない)”といった歌詞が目立つ。そこには、多様性を認めずアメリカ社会が分断され不寛容なトランプ政権への非難や、富裕層が富を搾取したことによって世間に憎しみや怒りが蔓延していることへの愁いがある。元来人間とは良心が持った生き物で、お互いがいがみ合うよりも、手を取り合い助け合っていく社会が理想的だと訴えかけている。憎しみよりも助け合う心こそ大切だと、理想を掲げているのだ。

 

ビルが影響を受けた音楽的なルーツに原点回帰したというよりも、自らが育った出自であるニューヨーク・ハードコア・シーンに立ち返った。自らのアティテュードと精神性を再確認するという意味で原点立ち返った作品なのだ。失われた感情を取り戻した、精神的な意味で充実した作品なのだ。