BILLYBIO(ビリーバイオ)
『 Freedom’s Never Free(フリーダムズ・ネバー・フリー)』

Biohazard(バイオハザード)のボーカルであるBilly Graziadei(ビリー・グラジアデイ)によるソロ・プロジェクト。18年11月に発売されたデビュー作。バイオハザードといえば、ニューヨーク・ハードコア・クロスオーバー・シーンの重鎮として知られるバンドだ。ハードコアとメタルのクロスオーバーといえば、Suicidal Tendencies(スイサイダル・テンデンシーズ)やD.R.Iに代表されるように、ハードコアのスピード感にテクニカルなメタルのギターを合わせた折衷スタイルのバンドが多い。

 

ニューヨークではAgnostic Front(アグノスティック・フロント)やクロスオーバー・スラッシュとして知られたCro Mags(クロマグス)など、独特なスタイルのクロスオーバー・バンドが数多く存在した。バイオハザードはそのなかでも、Helmet(ヘルメット)などのグルーヴィーでスローテンポなメタルに、ヒップホップな歌いまわしと、ハードコア・エッセンスを加た独特なサウンドを展開していた。ヘルメット以降のメタル、ハードコア、ヒップホップをごちゃまぜにしたサウンドは、唯一無二のオリジナルティーを放っていた。

 

デビュー作であるBiohazard(バイオハザード)で確立したサウンドスタイルを、かたくなに継続し、そこにプラスアルファを加えブラッシュアップしてきた。バイオハザードとは、アルバムを発表するごとにメタル度とヒップホップ度が増し、より強硬でヘヴィーなサウンドに深化したバンドなのだ。

 

そしてバイオハザードから7年ぶり、ソロ名義ではデビュー作となる今作では、ニューヨーク・ハードコアの歴史を、体系的に捉えたサウンドを展開している。ひとつのサウンドスタイルに固執していたバイオハザードと比べると、ソロプロジェクトでは、色々なスタイルのサウンドにチャレンジしている。重いリフのギターと重厚なOiコーラスを中心に、スピーディーなハードコアから、初期パンクな曲、Sick Of It All(シック・オブ・イット・オール)のような怒声が特徴的な曲、アグノスティック・フロントのようなギターソロが特徴のハードコア、戦争の悲惨さを想起させるインストゥルメンタルな曲など、パンク・ハードコアというサウンド・スタイルにこそこだわりがあるが、ニューヨーク・ハードコアの歴史を体系的に網羅したような内容なのだ。

 

今回ソロ名義で発表した理由は、闘争的で主張の強いハードコアを演りたかったからではないか。歌詞には“Disaffected World(不満に満ちた世界)”や“Untruth(真実でない)”といった歌詞が目立つ。そこには、多様性を認めずアメリカ社会が分断され不寛容なトランプ政権への非難や、富裕層が富を搾取したことによって世間に憎しみや怒りが蔓延していることへの愁いがある。元来人間とは良心が持った生き物で、お互いがいがみ合うよりも、手を取り合い助け合っていく社会が理想的だと訴えかけている。憎しみよりも助け合う心こそ大切だと、理想を掲げているのだ。

 

ビルが影響を受けた音楽的なルーツに原点回帰したというよりも、自らが育った出自であるニューヨーク・ハードコア・シーンに立ち返った。自らのアティテュードと精神性を再確認するという意味で原点立ち返った作品なのだ。失われた感情を取り戻した、精神的な意味で充実した作品なのだ。

THE GET UP KIDS(ザ・ゲット・アップ・キッズ)
『Problems(プロブレム)』

じつに8年ぶりとなる6作目。昨年発表されたEP『Kicker(キッカー)』で、原点回帰なサウンドを展開した。今作もエモの荒々しいギターロックを中心としたサウンドを展開している。

 

『キッカー』でも書いたが、GET UP KIDS(ゲット・アップ・キッズ)といえば、いままでファンの期待に応えるという意識が希薄なバンドであった。それよりも自分たちの演りたい音楽をやる、前作と同じような作品は作らないという意識が強いバンドであった。それが『キッカー』で、ファンの期待に応えようとする意識に変わった。

 

今作ではキーボード奏者のジェイムス・ドゥウィーズ(James Dewees)の個性が際立っている。エモの荒々しいギターサウンドをベースにしながらも、幻想的なアンビエントなシンセや、きらきら光る雫のような効果音などをおりまぜ、緑に囲まれた大自然を想起させる癒しなサウンドを展開している。けっしてファンに迎合した作品ではなく、ところどころに新しい実験的な要素を取り入れている。

 

ここにはかつての物事がうまく進まないゆえの悔しさのにじんだ哀愁や、青春の叫びのような、エモ特有の感情はない。穏やかで優しさや慈しみにあふれたバラードが多いのが印象的だ。歌詞はセンチメンタルで大人びた内容が目立つ。例えば“Brakelines(ブレーキライン)”では、<年をとることについて、それほど絶望的ではない>と歌い、そこには苦難や障害が人生に立ちはだかっても、すでに過去に経験した出来事ばかりだからと、冷静な感情で対処している姿勢がうかがえる。20代特有の若さゆえのエモーショナルな熱さこそ失ったが、40代前半が感じる落ち着きとやさしさに満ちた感情に変わったのだ。気持ちを偽ることなく、建前で語ることもなく、等身大の自分自身のリアルな感情について歌っている部分では、彼らは変わっていないといえるだろう。

 

年相応に成長した彼らは、数珠玉のように磨かれ美しく光り輝いている。大人になった彼らの魅力が存分に出た作品なのだ。

War On Women(ウォー・オン・ウーマン)
Capture The Flag (キャプチャー・ザ・フラッグ)

ボルチモア出身の女性パンクバンドの18年に発表した2作目。<女性の戦争>というバンド名で、自らをフェミニスト・パンクと名乗る彼女たちは、フェミニズム思想を全面に掲げたバンドたちだ。Bikini Kill(ビキニキル)などのバンドが起こしたフェミニスト運動であるriot grrrl(ライオットガール) ムーヴメントに多大な影響を受けバンドを結成。とくにボーカルのPotter(ポッター)は、セクシャルハラスメントや強姦などの性的暴力と戦う女性コミュニティー団体であるHollaback(ホラーバック)のボルチモア支部を創設するほど、筋金入りの活動家なのだ。だが彼女たちは、男性に対してヒステリックな暴力で対抗するのではなく、法律を通じて女性の権利を求め、本を発表するほど知的で、教養を持った人物として知られている。

 

『Capture The Flag(旗を取れ)』と名付けられた2作目では、前作に引き続きシンプルでスピーディーな荒々しいハードコア・パンク。Black Flag(ブラッグ・フラッグ)から影響を受けた野太いギター・サウンドに、HOLE(ホール)を発展させたステリックな金切り声とシリアスな静謐を紡ぐ歌声が入れ替わるサウンド。

 

勢いと衝動に満ちた前作と比べると、今作では演奏に力を入れている。緊迫したシリアスさから立ち向かっていく攻撃力に変化していく曲から、地の底で静かにうねるベース、虐げられた感情を紡ぐギターのメロディー、メタルのギターソロ、簡潔な言葉で間段なくたたみかける2ビートのハードコアな曲、デス声など、バラエティー豊かな作品に仕上がっている。

 

歌詞の内容も前作に引き続き、女性の権利を求めた曲や、ミソジニストへの抗議、セクハラによる被害など、フェミニズム運動で訴えている内容が中心。今作ではアメリカ社会の格差や人種差別問題、強者を優遇するアメリカ政治への批判などが加わり、よりグローバルな視点で訴えている。ここで一貫して共通しているのは、戦い権利をつかみ取れということ。主張しなければ誰も知らないで終わるし、何も始まらないということ。ここではそんな内容を伝えたかったのだろう。

 

全体的に暗くシリアスな作品。けっして衝動的でなく、落ち着いた部分もみられる。不安や不幸という靄を振り払うような力強さと強い意志。どんなことにもめげず逆境を力に変えていくタフさ。それがこのバンドの魅力なのだ。

Bad Religion(バッドレリジョン)
『Age of Unreason(エイジ・オブ・アンリーズン)』

じつに6年ぶりとなる17作目。この作品を発表する前まで、2年に1作というペースでコンスタントにアルバムを発表し続けていたバッドレリジョンだが、今作を発表するまで6年もの歳月がかかった。これだけの年月がかかった理由には、長年連れ添ったグレッグ・ヘトソンの脱退や、モチベーションや体力の低下など、さまざまな要因が挙げられるだろう。当時黒髪で若々しかったGreg Graffin(グレッグ・グラフィン)も、いまでは白髪頭に老眼鏡と、初老の姿に変化している。

 

バッド・レリジョンといえば、速い、激しい、メロディックの3拍子そろったメロディック・ハードコアを確立したバンドである。初期のころから変わらずメロコアを貫いているバンドだが、今作でもそのサウンドは変わっていない。微妙な変化を挙げるのなら、ギターサウンドはよりヘヴィーに、スピードと勢いが増した部分か。メロディックなコーラスとボーカルは健在だ。

 

30年以上活動をしているベテラン・パンク・バンドの作品といえば、サウンドがマンネリ化し、日々の怒りや疑問などがなくなり、歌詞がいい加減な表現が多くなったバンドが多い。生活の糧のためだけにアルバムを発表しているのではないかと邪念で見てしまうケースも多々あるが、バッド・レリジョンの場合、社会問題を提示し、反権威主義を貫き、パンクスピリットにあふれた作品を発表し続けている。初老の容姿に変わっても、いまだ衰えることなく熱意と、高いモチベーションにあふれているのだ。

 

『不寛容な時代』と名付けられた今作では、トランプ政権の問題、中流階級の減少、アメリカンフットボールのコリン・キャパニック選手による人種差別、格差など、全世界が抱える問題がテーマになっている。この作品を作る前、グレッグ・グラフィンはフランス革命、アメリカ革命、南北戦争などの歴史書物を多く読んだという。そこで導き出された答えとは、知性と道徳のない独裁者による民主主義の消滅や、第三次世界大戦が起こる可能性への危機感。

 

“Old Regime(旧体制)”では、<新しい貴族主義は旧体制のような匂いがする、民主主義の基準から免除を要求>と歌い、“The Approach(ジ・アプローチ)”では<道徳と知能の空白、哲学は消滅しかけていて、革命なんてあり得ない>と歌っている。この作品を通じして彼らが訴えているのは、既得権益が要求する所得税や法人税などの減税が、貧困層を増大させ、怨嗟の感情を生み出し、民主主義が消滅し、やがて戦争に発展してくプロセス。そこにはトランプ政権に対する怒りもさることながら、危機感も漂っている。このままでは怨嗟の感情が世界中に蔓延し、戦争に向かっていると警告しているのだ。

 

現在日本では年収300万円以下が4割を占め、次に起こる金融危機では、300万円以下が6割に達するといわれている。もはや中間層はなくなり貧困層と富裕層に2分する世の中になるといわれている。まさに昭和恐慌が起こる前夜の、3大財閥が日本の富の半分を占めたときと似た状況に向かっている。グレッグ・グラフィンが言うように現在の状況を理解し、世界レベルでの庶民階級層の団結、富裕層への増税といったことが必要なのだ。彼らの名曲“American Jesus (アメリカン・ジーザス)”と似て未来を暗示した作品なのだ。

Surfer James(サーファー・ジェームス)
DEMO2019

デトロイト出身のパワーヴァイオレンス・バンドの2作目のデモ。IGGY POP(イギー・ポップ)からNEGATIVE APPROACH(ネガティブ・アプローチ)を経てラディカルに進化したパワーヴァイオレンスなサウンド。

 

MAN IS THE BASTARD(マン・イズ・ザ・バスタード)系のパワーヴァイオレンスに、デトロイト特有のナパーム弾のようなノイズギターにインダストリアルな機械音を取り込んだ前作と比べると、今作では、バイクの排気音のようなスロットル・ギターが特徴的で、スローテンポから突如ハイスピードに変わる、ノイジーで汚くやさぐれたサウンドを展開している。パワーヴァイオレンスという括りのなかでは同じだが、若干方向性が異なる仕上がりだ。

 

それにしても荒廃した工業都市を想像させる汚くやさぐれたサウンドからは、制御を失ったコンピューターのようなマッドな衝動とストリートの荒くれた怒りが宿っている。まさにニューヨークにもロサンゼルスにもボストンにもDCにもないハードコアのスタイルなのだ。これから発売されるであろうフルアルバムが楽しみで、才能を感じさせる作品だ。

こちらから無料ダウンロードできます。

DEATH RAY VISION(デス・レイ・ヴィジョン)
Negative Mental Attitude(ネガティブ・メンタル・アティテュード)

OVERCAST(オーバーキャスト)&元KILLSWITCH ENGAGE(キルスイッチ・エンゲージ)のギターPete Cortese(ピート・コルテス)と、キルスイッチ・エンゲージ&オーバーキャストのベースMike D’Antonio(マイク・ダントニオ)に、FROZEN(フローズン)のドラムColin Conway(コリン・コンウェイ)、Chuggernaut(チュンガノート)のボーカルJeff Gard(ジェフ・グラード)によるメタルコア・バンドの18年の11月に発売された2作目。

 

もともとサイドプロジェクトとして始めたバンドで、近所に住む気心の知れた仲間たちが集まって結成。成り立ち自体、ラフな精神で気楽さが漂うバンドであった。だからキルスイッチ・エンゲージらしさのある作品を作らなくてはいけないという制約や、ファンの期待に応えなければならないというプレッシャーはなく、自分たちが好きな音楽だけを寄せ集め、好きなサウンドだけを奏でている。

 

今作ではボーカルのSHADOWS FALL(シャドウズ・フォール)&OVERCAST(オーバーキャスト)のBrian Fair(ブライアン・ファイアー)がセントルイスに引っ越しをしたため脱退。代わりにジェフ・グラードが加入。前作まで低いトーンの怒声で気合の入ったボーカルスタイルが、ハイトーンな歌い方に変わっている。そのためよりエネルギッシュでハイテンションなサウンドに変化した。

 

今作でも前作のシャドウズ・フォールをベースにしたメタルコア・サウンドに変わりはない。だが今作ではいろいろな要素を取り入れている。ハードコアの男くさく熱いシンガロング、不吉な空気を紡ぐスラッシュメタルなメロディーなリフ、MERAUDER(メラウダー)のような暴力的でパワフルに刻むリフ、苛立ちを激しいスピードと衝動にのせるブラストビート、メロディック・デスメタルの叙情的なメロディー。ハードコアの衝動的な勢いと、快感で常習性のある叙情的なスラッシュメタルのメロディーなど、熱くカッコよく爽快な気分になれるフレーズとリフのうまみだけをすくいとったサウンドなのだ。

 

アルバムタイトルは、Bad Brains(バッド・ブレインズ)が掲げたと正反対の意味を持つネガティブ・メンタル・アティテュード。否定的精神姿勢とは、最先端を追求せず、後ろ向きな、保守、否定、消極的といった音楽姿勢を保つことによって、失われてしまったメタルやハードコアの原点の魅力を再確認するような、意味が込められているようにも思えた。保守的精神だが、汗をまき散らすほど情熱に満ちた品なのだ。