The Muslims(ザ・ムスリムズ)
『Fuck These Fuckin Fascists (ファック・ズィーズ・ファッキン・ファシストズ)』

イスラム教徒のハードコア・バンドの4作目。The Muslims(ザ・ムスリムズ)と名付けられたバンド名は、アラビア語でイスラム教徒という意味。そもそもムスリムとイスラム教徒との違いは、同じ神を信仰しているけど、イスラム教徒は、酒を飲まないなど、厳格な戒律を守る人が多い。ムスリムはトルコ人のように酒を飲む人もいる。いわばゆるいイスラム教徒なのだ。

 

デビュー作の『Muslims At The Mall(ムスリムズ・アット・ザ・モール)』はガレージや初期パンクにイスラム教の旋律を合わせたサウンドだった。そしてファスト・コアの要素が強くなった『MAYO SUPREME(マイヨ・スプリーム)』2作目。Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリクス)のようにサイケデリックなギターが印象的なEP『Inshallah: Tomorrow We Inherit The Earth(インシャラ・トゥモロー・ウィー・インヘリット・ザ・アース)』。ノイズコアな『Gentrifried Chicken(ジェントリフィケーション・チキン)』と、作品ごとに異なるサウンドを展開してきた。

 

そして今作では原点回帰の初期パンク・サウンド。いままでになくポップな作品に仕上がっている。SEX PISTOLS(セックス・ピストルズ)のようなとがったギターに、甲高い声のボーカルと、お時話のようにふざけた声のコーラスが絡む展開。そこには明るくポップなユーモアが漂っている。

 

歌詞はファシズムや白人至上主義への怒りや、人種差別などについて歌っている。だがそこにシリアスさはなく、グロポップな要素がある。例えるなら、『ダウンタウンのごっつええ感じ』内で放送されていたアニメ、“きょうふのキョーちゃん“のような、怒りをホラー・スプラッターにして笑いに変える、ブラックユーモアな感覚。“Illegals(イリーガルズ)”では、白人移民も違法のはずなのに自分たちだけが罪に問われることへの、虐げられた状況を自虐的に笑い飛ばし、“John McCain’s Ghost Sneaks Into The White House And Tea Bags The President(ジョン・マケイン・ゴースト・スニーク・イントゥ・ザ・ホワイトハウス・アンド・Tバックス・ザ・プレジデント)”では、オバマ大統領に大統領選挙で敗れたジョン・マケインのことを、未練がましいと揶揄している。アメリカ社会ではマイノリティーであるイスラム教徒。マイノリティーであるがゆえに差別や迫害を受けるケースも多々あるだろう。だが彼らは、そんな怒りをグロポップに変え、笑い飛ばしている。それがThe Muslims(ザ・ムスリムズ)の特徴なのだ。

 

イスラム教のパンク・シーンといえば、タクヮコアを思い起こすが、このバンドはどうやらタクヮコア・シーンとは関わりがなさそうだ。ヒステリックなほど甲高い声でせわしなく病的な明るさ。激しくポップで毒に満ちたサウンド。サウンド的には目新しさこそないが、新しい精神性や価値観を提示したバンドであることに間違いはない。

One Step Closer(ワン・ステップ・クローザー)
『This Place You Know(ディス・プレイス・ユー・ノン)』

ペンシルベニア出身のユース・クルー・リバイバル・バンドのデビュー作。Gorilla Biscuits(ゴリラ・ビスケッツ)から、TURNING POINT(ターニング・ポイント)、Have Heart(ハブ・ハート)などのエモーショナルでメロディックなハードコアから影響を受け、さらにブラッシュアップしたサウンドで、2020年以降の、最新型のエモーショナルでメロディックなハードコアを展開しているバンド。

 

エモーショナルでメロディックなハードコアをベースにしたサウンドは今作でも変わらない。だがさらに深化を遂げたサウンドを展開している。力強くメロディックなエモーショナル・ハードコアに、嘆きと憤りに満ちた怒声ボーカルが、まるで荒れたオフロードのように障害にぶつかりながらも進んでいく気迫に満ちている。その疾走するメロディーには、どこか内省的で、憂いと孤独が漂っている。そしてそのピークの頂点を迎えた曲が深い悲しみに彩られたピアノ曲の“Hereafter(ヒアアフタ)”。ここではいままで希望を信じて駆け抜けてきたことが徒労に終わったかのような、寂寥と憔悴に満ちている。

 

今作では失った愛への虚しさや憂鬱、孤独などがテーマになっている。楽しかったあのころを取り戻したい気持ち。痛みを乗り越え、自分自身が成長し変わるため、地元であるペンシルベニア州ウィルクスバリを離れる決意。悲しみと憤り。楽しかった思い出と街を離れる決意。そんな逡巡で心がゆれている。

 

個人的には、Touche Amore(トゥーシェ・アモーレ)と近い位置にあるバンドのように感じた。だがOne Step Closer(ワン・ステップ・クローザー)のほうが、よりエモーショナル・ハードコア度が高く、迫力あるサウンドを展開している。この悲しみと憤りと離れる決意に彩られた作品は、心に訴えてくる悲しみがあり、今年のハードコアのベスト10に入る素晴らしくいい作品。

DRAIN(ドレイン)
『California Cursed (カルフォルニア・カースド)』

2020年に発表したカルフォルニア州サンタクルズ出身のクロスオーバー・ハードコア・バンドのファーストアルバム。EPとシングルを合わせると、4作目となる作品になる。いろいろな音楽性を試したEPを経て発表された作品とだけあって、彼らの個性が確立した作品として仕上がっている。

 

そのスタイルは、Merauder(メラウダー)やMADBALL(マッドボール)のニューヨークのニュースクール・スタイルにPower Trip(パワー・トリップ)のクロスオーバーをブレンドさせたサウンド。そしてそこにSuicidal Tendencies(スイサイダル・テンデンシーズ)やCOCOBAT(ココバット)のような格闘技やスケーターとリンクしたハードコアの楽しさが漂っている。

 

『California Cursed (カルフォルニアは呪われている)』と名付けられた今作では、スラッシュメタルなリフをハードコアの重く金属質な音で弾き、高速なモールス信号のように急激に遅速の切り替わっていくめちゃくちゃなサウンド。

 

だがそこにはサーフィンでサメに襲われるリスクを冒しながらも、ビッグウェーブに挑んでいくような、スリリングで過激なハードコアがある。不協和音をものともせず、自分たちしかない個性的なサウンドを目指しているチャレンジ先進を感じる。どことなく90年代の懐かしさを感じつつも、海の魅力と楽しさが漂っている。好感の高いハードコア・バンドだ。