BAD RELIGON(バッドレリジョン)
『The Dissent Of Man(ディセント・オブ・マン)』

ディセント・オブ・マン(初回生産限定盤) ディセント・オブ・マン(初回生産限定盤)
バッド・レリジョン

SMJ 2010-09-29
売り上げランキング : 254813

Amazonで詳しく見る by G-Tools

30周年を迎え、発表された10年発表の15作目。今作では冷たく光る刃物のような高音のメロディーが中心。前作の重く荒々しいコードギターとは真逆のサウンドだ。例えるなら『アゲインスト・ザ・グレイン』のメロディーと速さに、8ビートのロックやカントリーソングを加えた感じ。グレッグ・グラフィンのボーカルもひさびさに歌い上げている。前半はスピーディーな曲が目立つが、後半はスローなナンバーが多い。タイトで性急な緊迫感よりも、枯れた円熟味が支配している。

 

邦題のタイトルは『人間の意見の相違』。ダーウィンの「人間の由来」からもじった造語だ。その意味は、人間には多数の意見があることを理解し、自分の頭で考え、正しい選択をしろと、いうことだ。少数派が支持する意見にも正しいことがあれば、多数派が賛同する意見にも誤りがある。そして多数派である保守・原理主義者の活動を精査し、間違った行動に疑問を持ち、反逆のスタンスを確立せよと、ここでは言っている。

 

30年たってもなにも変わらない思想と主義。誠実で信頼できる。一定水準のクオリティーが下がることはない。安定感ある作品だ。