SOUL GLO(ソウル・グロー) インタビュー

アメリカ社会で黒人の誇りやアイデンティティを主張し、格差や不平等と闘い続ける活動をしている、フィラデルフィア出身のアフロ・アメリカンのハードコア・バンド、SOUL GLO(ソウル・グロウ)。この度、奴隷解放記念日である6月19日にEpitaph Records(エピタフレコーズ)と契約。弱者の権利を主張し、権力者側に立ち向かっていくポリティカルなハードコア・アティテュードで、筋金入りの活動をしているバンドといえるだろう。インタビューでは結成の経緯から、バンドの主張、黒人のアイデンティティ、黒人社会の実態、今までの活動を振り返った話などを訊いてみた。

———始めにバンドを結成した経緯を教えてください。

Pierce(ピアス:ボーカル 以下:P):2014年に、Ruben(ルーベン)が俺にカジュアルでヘヴィーなプロジェクトに興味があるかどうか、訪ねてきたんだ。当時、俺は音楽を辞めることを考えていたんだけど、Ruben(ルーベン)の誘いが魅力的だったんで、バンドに参加した。その後、GGは2017年に、TJは2019年頃に加入した。

 

———バンド名のSOUL GLO(ソウル・グロー)とは、soul glow(魂の輝き)をもじった意味なのでしょうか?

P:バンド名には2つの意味があるんだ。ひとつはエディ・マーフィ主演の映画「星の王子ニューヨークに行く」の劇中で、カール・アクティベーターのCM(※)で使用されていた曲名からバンド名を採ったんだ。もうひとつは、SOUL GLO(ソウル・グロー)という言葉には、“内なる自己の美しさ”という意味があるからなんだ。“内なる自己の美しさ”という言葉が、バンドのコンセプトになっている。でも君が言う“あなたの魂の輝き”という解釈でも、全然かまわないよ。
※70年代のアフロシーンのヘアケア製品「Afro Glo」のコマーシャルをパロディー化したもの。映画史上最も象徴的な偽の広告と言われている。Afro Glo(アフロ・グロー)がSoul Glo(ソウル・グロー)という名に変化し、Lizzo(リッツォ)のJuice(ジュース)でさらにパロディー化された。

 

———フィラデルフィアは、80年代に活躍したアフロ・アメリカ人のハードコアバンド、YDIが有名です。YDIから影響を受けましたか?

P:音楽的にはYDIからの影響は、あまり受けていないんだ。ただYDIでベースを弾いていた、Chuck Meehan(チャック・ミーハン)からの影響は受けている。彼とは長年の友人なんだ。チャックはいつもライヴ活動をし、現在Soft Torture(ソフト・トーチャー)と呼ばれるバンドで演奏している。フィラデルフィアの街中で、ハードコア・ミュージックを絶えず広めているんだ。 彼はフィラデルフィアで非常に重要な人物であり、この街から生まれる音楽の情熱を体現している人物なんだ。

 

———2014年12月に発売された『“”』についてご質問します。この作品はDCハードコアや西海岸のスラッシュ・ハードコアにPost-hardcore(ポストハードコア)やエモが混ざった作品です。どのような過程で制作されましたか?

P:俺たちの最初のアルバム制作は、かなり難航したんだ。当時、まだGGとTJが加入する前で、19歳のベースとドラムがいた。 ミュージシャンとしてお互いを知りながら、自分たちの個性をどこまで発揮できるのか、お互いに探り探りの状態だったんだ。フィラデルフィアのSexDungeon(セックス・ダンジョン)スタジオでレコーディングを行った。SexDungeon(セックス・ダンジョン)スタジオを選んだ理由は、プロデューサーのDanAngel(ダン・エンジェル)とJamesRyskalchick(ジェームス・リスカルチック)が、Pile(パイル)のアルバム『Dripping(ドリッピング)』をプロデュースしたからなんだ。でも楽しかったよ。エキサイティングな時間だったよ。

 

———アメリカ国旗を燃やしたアルバム・ジャケットが印象的です。国旗を燃やした写真を採用した理由を教えてください。

P:アメリカ国旗を燃やすことは、世界中の気持ちを翻訳する意味を持っている。この国の黒人として、俺たちとアメリカとの関係の象徴として、この写真を採用したんだ。


 

———“Guilty of Being… Wait(ギルティ―・オブ・ビーイング…ウエイト)”では、<二重の意識、絶え間ない警戒、自己嫌悪と妄想、私の(黒人の経験)>という歌詞が印象的です。歌詞に込められ意味を教えてください。

P:この曲を説明すると、かなり長い文章になるけど、なるべく簡潔に説明するよ。“Guilty of Being… Wait(存在の罪…待つ)”は、俺たちの祖先が奴隷化された血の歴史から、資本主義経済の下で黒人アーティストとして活動する俺の気持ちを、情緒的に歌った曲なんだ。俺の気持ちと歴史的背景との関係は、自分が成長し、年をとるにつれて、考えが変わってくる。俺が体験し、その時感じた気持ちを、1枚のアルバムにカプセルのように閉じ込める方法がないんだ。だから歌詞も、日記のようなもので、歌うたびにその都度心情が変わっていく。

 

この曲のタイトルは、Minor Threat(マイナー・スレット)の曲“Guilty of Being White(ギルティ―・オブ・ビーイング・ホワイト)”を皮肉っている。“Guilty of Being White(ギルティ―・オブ・ビーイング・ホワイト)”は、中産階級のIan MacKaye(イアン・マッケイ)が、ワシントンDCに住む白人の若者として、抱いた感情を歌った曲だから。ワシントンDCの労働者階級の大部分は黒人だ。“Guilty of Being White(ギルティ―・オブ・ビーイング・ホワイト)”がリリースされたころ、ワシントンンDCに住む労働者階級の黒人社会には、クラック(ドラッグの一種)が流行し始めた。クラックは、ワシントンンDCに住む労働者階級の黒人の生活に悲惨な影響を与えた。これには俺の家族も含まれている。 俺の父はワシントンDC出身で、1984年当時、27歳だった。もし俺の父親が、Minor Threat(マイナー・スレット)が提唱するストレート・エッジのことを知っていたら、おそらくMinor Threat(マイナー・スレット)のライヴに行っていただろう。 その時、白人であることの後ろめたさを歌った“Guilty of Being White(ギルティ―・オブ・ビーイング・ホワイト)”の歌詞の内容を知っていたら、いったいどんな気持ちになったのだろうか?

 

<二重の意識、絶え間ない警戒、自己嫌悪と妄想、私の(黒人の経験)>の歌詞は、偉大な黒人思想家、W.E.B Du Bois(デュボイス)の言葉を引用したんだ。Du Bois(デュボイス)は、アフリカ系アメリカ人で、黒人の平等な権利や自由などを求めた公民権運動を行っていた政治活動家なんだ。Du Bois(デュボイス)は自らの著書、「黒人のたましい」のなかで、抑圧的な(白人)社会で従属または植民地化されたグループ(黒人)が経験する内部対立(内面の葛藤)のことを、二重の意識と呼んだ。

 

ウィキペディアで<二重の意識>とは、アフリカ系アメリカ人が経験した、人種差別主義的な白人社会で、白人が黒人に対して見せる軽蔑や憐みなどの抑圧的な視線が、黒人の真の自意識の確立を阻む、心理メカニズムのことだと説明している。黒人は、<二重の意識>に心理的なストレスを抱えていたんだ。俺はつねに<二重の意識>の対立には、黒人がこの定義から解放され、単純に人類として存在していること望んだときに、別の層が現れると感じているんだ。1903年にデュボアが「黒人のたましい」でこの用語を作り出したとき、形而上学的な自己認識は黒人にとって一般的な慣習ではなかった。しかし21世紀以降、黒人への理解と存在は深まっている。音楽やスポーツの世界で成功し、尊敬を受けている黒人がいるように。残念ながら、その長いプロセスを通してのみにしか、白人至上主義から解放されることは、できないんだ。

SOUL GLO

「DisNigga, Vol. 2 」