Friend/Enemy(フレンド/エネミー)
『HIH NO/ON』

日本ではエモ・レジェントとして知られ、95年から活動しているインディーロック・バンド、Joan of Arc(ジョーン・オブ・アーク)。その中心人物であるTim Kinsella(ティム・キンセラ)の別プロジェクトのバンドがFriend/Enemy(フレンド/エネミー)。

 

Joan of Arc(ジョーン・オブ・アーク)では32枚の作品をリリースし、Owls(オウルズ)では3枚、Make Believe(メイク・ビリーブ)では6枚、Everyoned(エブリワンド)では1枚、そしてソロ名義であるTim Kinsella(ティム・キンセラ)で7枚と、精力的にアルバムをリリースしている。

 

アルバム制作に重点を置き、毎年何かしらリリースしているほど、精力的な活動を続けているTim Kinsella(ティム・キンセラ)だが、Joan of Arc (ジョーン・オブ・アーク)では、牧歌的なアコースティックを中心にデジタル・ノイズなどを取り入れた、素朴で淡々とした静謐が魅力のサウンドを展開。Make Believe(メイク・ビリーブ)では、エレキギターでマスロックなメロディック・サウンドのバンド活動をしていた。Cap’n Jazz(キャップン・ジャズ)のオリジナルメンバーにより結成され、ファンク・ギターが魅力のOwls(オウルズ)、Joan of Arc(ジョーン・オブ・アーク)をもっとチープでラフに、弛緩したムードの一人語り弾きのTim Kinsella(ティム・キンセラ)・ソロプロジェクトと、それぞれに違った楽器や音色を使い、微妙に音楽性の異なるバンドを展開してきた。ライヴよりも、アルバム制作にこだわった活動をしているミュージシャンなのだ。

 

そして今回、Friend/Enemy(フレンド/エネミー)名義で作品をリリース。そもそもこのバンド自体は01年に結成され、メンバーは、Tim Kinsella(ティム・キンセラ)、Todd Mattei(トッドマッテイ)(ex Joan of Arc(ジョーン・オブ・アーク))、Nate Kinsella (ナイト・キンセラ)(ex American Football(アメリカン・フットボール))などが中心となって活動。Smith(スミス)とCaptain Beefheart(キャプテン・ビーフハート)を合わせたルーズなフォーク・パンクをサウンド・コンセプトに、バンド活動を始めたそうだ。

 

結成から19年経ってアルバムをリリースした理由は、16年11月のアメリカ大統領選挙に衝撃を受け、制作したそうだ。“Fascism and Yin Yangs(ファシズムと陰陽)”や“Totally Totalitarianism(完全に全体主義)”という曲のタイトルからは、プロテスト・ソングのような政治批判のような内容がうかがえるが、全体的に漂っているムードは、牧歌的で明るくポップ。エモーショナルな叫びはなく、いつになく冷静で子守歌のような穏やかな歌声で歌っている。怒りや憤りはなく、終始穏やかで黄昏れた感情に満ちている。ここではプロテストソングのような政治的なメッセージ性は感じられない。もしかしたら穏やかな音と個々の音がぶつかり合うアンサンブルで政治的なメッセージを表現しようとしているのかもしれない。

 

基本的にはアメリカン・カントリーをベースにしたメロディックで牧歌的なギターロック。“Fascism and Yin Yangs(ファシズムと陰陽)”のように、壊れたオルガンやパーカッション、コントラバス、モーグシンセなど、いろんな音色を詰め込んだ実験的インストゥルメンタルもあれば、“Outstanding Balance Indeed(アウトスタンディング・バランス・インディード)”のような即興ジャズの曲もある。都会的でドラマティックなジャズ・ピアノの“The Decline of Ballooning(ザ・ディクライン・オブ・バルーニング)”など、バラエティー豊かなサウンドを展開している。メロディーの音粒が光の屈折のように曲がり、音が水しぶきのようにキラキラと光っている。おそらくTim Kinsella(ティム・キンセラ)の作品のなかで、一番ポップで、大人で、メロディックなサウンドではないか。明るくメロディックなギターロックに、実験性をうまく融合し、屈折したポップ感を作りだしている。

 

エモーショナルで衝動的だったJoan of Arc(ジョーン・オブ・アーク)や、チープな録音機材で自己満足だけを追求したソロプロジェクトなどと比べると、丁寧な音作りで誰もが受け入れられるポップなサウンドを、Friend/Enemy(フレンド/エネミー)では、意識して作られている。ここまで大衆受けするポップなサウンドのアルバムを作ったのは、Tim Kinsella(ティム・キンセラ)のキャリアで初めてではないか。だからといって、丸くなったとは、迎合したとか、けっしてない。むしろ大衆受けするポップに仕上げることによって、強烈な政治的メッセージを、みんなに伝えようとする意志が込められているようにも感じる。ポップに毒を混ぜ蔓延させる感覚。あいかわらずTim Kinsella(ティム・キンセラ)らしい屈折した意図を感じるいい作品なのだ。

こちらからダウンロードできます。

Gridlink(グリッドリンク)
『Longhena(ロンゲーナ)』

アンダーグランドなメタル/ハードコア系のバンドを紹介しているサイトDECIBELで、Grind/Powerviolence(グラインドコア/パワー・バイオレンス) Albums of 2010-2019の第1位に選ばれた。2014年に発表された日米混同のグラインド・コア・バンドによる3作目となる作品。

 

パワーバイオレンスといえば、グラインド・コアからハードコアよりに発展したジャンルで、反戦や反核などのディスチャージやアナーコパンクからの影響が強く、1分台の曲と、ファストなサウンドのバンドのことを指している。大抵のバンドがモノクロ写真で、戦争の写真を掲載し、残忍な要素が強い。だが彼らには、反戦や反核などのディスチャージやアナーコパンクからの要素が一切ない。特殊なスタイルのパワーバイオレンスなのだ。

 

バンドメンバーはのちに伝説のグラインドバンドと呼ばれたDISCORDANCE AXIS(ディスコダンス・アクシス)や、現在No One Knows What The Dead Think (ノー・ワン・ノウズ・ワット・ザ・デッド・シンク)で活躍しているJon Chang (ジョン・チャング)と、Mortalized(モータライズド.)などのバンドで活躍したグラインドコア界で有名な日本人のギタリストTakafumi Matsubara(タカフミ・マツバラ)を中心に結成された。日本文化からの影響が強く、般若などの日本伝統文化や、SFの女の子や日本のアニメなどの要素を取り入れた、日本アニメのサイバーパンクと日本伝統芸能である能を、グラインドコアに合わせたサウンドなのだ。

 

ヒステリックで甲高いボーカルの絶叫と、カタカタなる異音のような連射音のドラムが印象的だった1作目。お経のような歌い回しで絶叫するボーカルと、より激しく、よりファストに、よりノイジーに進化した2作目。そして『Longhena(ロンゲーナ)』では、Origi(オリジ)のテクニカル・デスメタルを、よりファストなパワーバイオレンスに凝縮した。テクニカルなギターが目を引くサウンド。だがOrigi(オリジ)のようなデス・メタル特有の凶暴さはない。バイオリンの叙情性やスペイシーなギターからは、SF映画のような、壮大な宇宙のような神秘さを感じる。ものすごい速さのストップ&ゴーや、軽い音で細部のディティールにこだわったテクニカルなギターは、まるで人型機動兵器のプラモデル制作のような、オタクっぽいこだわりの作り込みだ。

 

死体や反戦など、サウンド的にもマンネリ化気味であったパワーバイオレンス界に、新しい価値観を提示した作品。それがDECIBELで1位に選ばれた理由なのだろう。シリアスさのまったくないプラスティックな作り込みがすばらしい。パワーバイオレンス界で唯一無二な個性を放つ作品なのだ。

TOTAL FUCKING DESTRUCTION (トータル・ファッキング・ディストラクション)
『…to be alive at the end of the world(世界の終わりに生きる)』


元BRUTAL TRUTH(ブルータル・トゥルース)のドラム、Rich Hoak(リッチー・ホーク)が率いるバンド、TOTAL FUCKING DESTRUCTION(トータル・ファッキング・ディストラクション)の5作目。前作から2年という短いスパンで発表され、充実ぶりがうかがえる。

 

今作もBLACK FLAG(ブラッグ・フラッグ)からの影響が強いシンプルで扇情的なハードコア・ギターをベースにしたグラインド・コア。そこにストーナーロックから、サイケ、ファンクなどの新しいもの取り入れ、エクスペリメンタルでありながらも、ファストでプリミティブな衝動にあふれたサウンドを展開している。

 

本能の塊のようなけたたましい勢いのドラミングは、あいかわらず強烈で、このバンドの唯一無二な個性を放っている。静かでスローなギター、シャウトするボーカル、土石流のような勢いのファストな曲などと交じり合って、理性のメーターの振り切れた、トライバルでプリミティブなグラインド・コアを展開している。そこにはグラインとコア特有の過激な暴力性やブルータル色が一切ない。手数が多く壮絶なドラミングながらも、曲のペースはスロー。速さとスローが混じった、どこか不思議なサウンドなのだ。

 

アルバムのタイトルは『世界の終わりに生きる』。現在、大規模洪水や干ばつ、山火事などの異常気象に、コロナ・ウイルスによる疫病のパンデミックなど、人類滅亡を予見させる出来事が世界中で頻繁に起きている。世間を取り巻く空気も、怒りや憎しみに満ち、どこか殺伐としている。アルバムタイトルの『世界の終わりに生きる』とは、人類の終わりを迎えることを覚悟しながら生きるという意味なのだろう。といってもそこには悲しみや危機感などのシリアスな感情はなく、シンプルで簡潔な言葉で綴っている。世界の終わりを客観的にみているような、たそがれや憂い、倦怠感にも似た終末観が漂っている。将来戦争に発展するような悲惨な未来を予見しているような、珍しくストレートな表現がちりばめられているが、そこには平和を願う気持ちがあるのだ。

 

頭でっかちに考えるのではなく、本能に任せ直観を信じろ。と、いうようなプリミティブな衝動が心にダイレクトに伝わってくる。今作でも新種のグラインド・コアを提示しているし、シンプルで簡潔で野性味あふれた素晴らしい作品なのだ。

こちらから購入できます。