アルバムレビュー

End It (エンド・イット)
『Unpleasant Living (アンプレザント・リヴィング)』

ボルチモア出身のオールド・ハードコア・バンドの3作目のEP。今年のベスト5に入る素晴らしい作品で、これぞ新世代のハードコアと呼ぶべき、オリジナルティーあふれるサウンドを展開している。

黒人のボーカルが中心のバンドで、けたたましい勢いのオールドスクール・ハードコアを展開しているEnd It (エンド・イット)。バンド名は、おそらくNeglect(ネグレクト)のデビュー・アルバムのタイトル『End It (エンド・イット)』からバンド名を付けたのだろう。ヘイト・コアと呼ばれたNeglect(ネグレクト)のアティテュードを根幹にすえ、“BCHC(ボルチモア・シティー・ヘイト・クルー)”や“New Wage Slavery(新しい賃金奴隷制度)”、“Hatekeeper(憎しみの保持者)”など、搾取する資本家たちへの憎悪や、格差、警察の腐敗、宗教、人種差別などについて歌っている。

2ビートのシンプルで性急な勢いのオールドスクール・ハードコアをベースに、警察のサイレン、コンガの高速連射のリズム、ビートダウンするサビ、Oi、うねりをあげるギターなど、超早口のヒップホップの歌い回し、いろいろな要素が、Bad Brains(バッド・ブレインズ)のようなけたたましい勢いのサウンドのなかで巨大なミキサーのなかでブレンドされている。

そこには勢いがつきすぎて意識が吹き飛ぶほどのハイテンションさと、冷静ではいられない怒髪天という言葉を思い浮かべるほど、尋常でない怒りを感じる。理性がちぎれ飛ぶほどの超スピードのハイテンション・サウンド。

Gut Instinct(ガット・インスティンクト)やNext Step Up(ネクスト・ステップ・アップ)などのビートダウン・ハードコア・バンドに、Turnstile(ターンスタイル)からの影響を加え、End It (エンド・イット)ならではのオリジナルティーを加えた。ボルチモア・ハードコアの歴史を体系化し、進化の最前線にいるバンドなのだ。おそらく次ぎ発売されるであろうデビューアルバムは、相当話題になる作品になるだろう。

Vein.fm(ヴェイン・fm)
『This World Is Going To Ruin You (ディス・ワールド・イズ・ゴーイング・トゥ・ルーイン・ユー)』

グラインドコアからインタストリアル、マスコア、ニューメタルにメタルコアにホラーサウンド・トラックをカオティックにぶち込んだ現在ヘヴィネスの、進化の最前線にいるバンドの2作目。

Vein(ヴェイン)からVein.fm(ヴェイン・fm)にバンド名が変更され、発表された今作。前作『Errorzone(エラーゾーン)』は、現在ヘヴィネスの最前線にいるサウンドを提示し、ビルボードのハードロック部門のチャートで21位にランクインをし、世間的に評価の高い作品だった。今作も前作同様、オリジナルティーのあるいい作品に仕上がっている。

今作も目まぐるしく景色が入れ替わる狂った精神世界のような、カオティックなサウンドフォーマットに変わりはない。だが前作と比べるとアルバム全体がノイジーになり、病んだ精神世界から絶望に満ちた世界に変化を遂げている。

『This World Is Going To Ruin You (ディス・ワールド・イズ・ゴーイング・トゥ・ルーイン・ユー)』というアルバム・タイトルに通り、今作のテーマは破滅に向かっている世界。サウンドコンセプトにあるのは葬式。今作では、目まぐるしくカオティックに変わる激しいパートの部分に、ダウナーな穏やかで不気味な静けさが加わり、さらにカオティックな作品に仕上がっている。

絶望を苦しみ悶え哭くようなボーカルの絶叫と、狂ったように目まぐるしく変わるギターフレーズ、神経が切れるような激しさから、突如厳かで静けさに満ちた世界に変わる展開。新たに加わった静の要素とは、厳かな葬式の静けさ。絶望的なトーンの低いピアノに、救われることをあきらめきった女性ボーカルの声。まるで希望を失い無気力な嘆きの牢獄のような絶望がそこには漂っている。

この作品には、まるでツインピークスのような狂気な世界を感じる。ドラッグ中毒者のようないろいろなものが急激に入れ替わる幻想世界。その希望を失い無気力な絶望には、不気味なほど透明で、魔界のような黒く深遠な美しさがある。

目まぐるしく激しくカオティックで、静かで厳かな美しさ。二律背反する矛盾する要素が、ツインピークスのように入れ替わり、美しさを描くサウンド。前作を踏まえたうえの成長の跡が感じられる。今作もまた素晴らしい作品。

A Knife in the Dark (ア・ナイフ・イン・ザ・ダーク)
『One Way Needle(ワン・ウェイ・ニードル)』

ノースカロライナ出身のヴィーガン・ストレートエッジ・バンドの2作目のEP。Earth Crisis(アース・クライシス)やHeaven Shall Burn(ヘヴン・シャル・バーン)から発展したメタリック・ハードコア・バンドで、荒れ狂うドスの効いた怒声ボーカルと、ハンマーのような金属的なギターのリフに、システムエラーのようなメタルのフレーズを合わせたサウンドが彼らの特徴なのだ。

“Self-Destruction Calls(自爆コール)”や“Inherent Fault(固有の障害)”、“One Way Needle(一方通行の針)”という曲とタイトルが示す通り、そこには精神破綻者のような狂った世界観がある。

激しくマッドで狂った勢いの重くヘヴィーなハードコア。彼らなりのしっかりとした個性があり、次に発売されるであろうフルアルバムが、期待の持てる作品だ。