Downcast(ダウンキャスト)
Tell Me I Am Alive(テル・ミー・アイ・アム・アライブ)』

スクリーモの先駆者で、ストレートエッジに尋常でないこだわりをもっている、Downcast(ダウンキャスト)の25年ぶりとなる3作目。Ebullition Records(エボリューション・レコーズ)の設立のメンバーの一人でもあるKevin Doss(ケヴィン・ドス)を中心に、レーベル・ナンバー1をもらい、リリースしたバンドだ。エボリューション・レコーズからリリースしたOrchid(オーキッド)やjulia(ジュリア)などのバンドは、スクリームというジャンルが確立する遠因にかかわったバンドで、ストレートエッジやアナーコパンクなど、さまざまなスタイルのアンダーグランドなハードコア・バンドをリリースしたレーベルとしても知られている。

 

そのサウンドは当時まだ、スクリーモの発展途上にある原始的なサウンドで、90年に発表されたEPとLP の2作の作品は、エモーショナル・ハードコアとHelmet(ヘルメット)のようなメタルの、中間にあるサウンドだった。このサウンド・スタイルから進化したのが、Heroin(ヘロイン)やOrchid(オーキッド)などのバンドで、00年代になると、極左ではConverge(コンヴァ―ジ)などのバンドがカオティック・コアと呼ばれた。また極右ではThe Used(ザ・ユーズド)、Thrice(スライス)、Finch(フィンチ)、Thursday(サーズディ)、カナダではGRADE(グレイド)や、Alexisonfire(アレックス・オン・ファイヤ)、Silverstein(シルバー・スタイン)などのバンドによって、スクリーモと呼ばれるようになった。

 

今作では過去に制作され一度も収録されることがなかった4曲と、新たに制作された6曲を合わせた、計10曲を収録。いままで荒々しいハードコアだったサウンドからメロディックなサウンドに変わった。例えるならEcho & the Bunnymen(エコー&ザ・バニーメン)やThursday(サーズディ)などの暗く透明感のあるメロディーに、Rage Against the Machine (レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)のようなヘヴィネスさを合わせたサウンド。ボーカルは透明感のある歌声に変わり、ガラス細工のようにデリケートで神経質な美しいメロディーには、悲しみと憂いに満ちている。そこにボーカルの絶叫が加わり、不条理や嘆きと憤りといった感情を喚起させる。

 

歌詞はアメリカの社会問題がテーマになっている。“Nature of a Gun(ナチュラル・オブ・ア・ガン)”では、安価で誰もが手軽に銃を手に居られる社会をつくり大儲けした大手銃メーカーのCEOの批判。“Four Arrows(フォー・アロウズ)”では、カルフォルニアの神話が州の暴力への始まりとなり、悪しき風潮が継承され現在につながっていく過程について歌っている。“Mayday(メイデイ)”では、緊急信号や助けを求めているという意味で、ホームレスキャンプなど、貧困問題を取り上げている。The Response from White America “ホワイト・アメリカからの応答”では、白人の子どもたちに黒人に対して暴力や差別をしような訴えている。人種差別から貧困問題、銃社会への批判など、シリアスな社会問題について歌っている。

 

『私が生きていると知ってほしい』というアルバム・タイトルには、若い世代が不確実な情報をもとに、黒人に対して憎しみに満ちた脅迫的な行動に出ないよう訴えかけている。人種差別や貧困や暴力がなく、みんなが笑って暮らせる世の中を創ろうというメッセージが込められているのだ。

 

アマゾンに商品を提供することのないアンチ・コンスムレストとDIY精神を貫く気丈なレーベルで、ポリティカル・コレクトネスというパンク・スピリットの信念を貫くバンド。25年ぶりの新作も、魂を揺さぶる熱い作品なのだ。

こちらから購入できます。

NO RIGHT(ノー・ライト)
『Senescence(セネッセンス)』

サンフランシスコ出身のストレートエッジ・ハードコア・バンドの19年に発表された2枚目のEP。女性ボーカル、Sierra Stark(シエラ・スターク)を中心に、NO RIGHT(権利なし)というバンド名が示すとおり、権力を求めて活動しているバンド。

 

変拍子を取り入れた分厚いギターサウンドからは、ユースクルーやニュースクールなどのニューヨーク・ハードコアからの影響を随所に感じる。00年以降のテイストもふんだんに取り入れたモダンなハードコアなのだ。

 

今作ではSNAPCASE(スナップケース)やMalfunction (メルファンクション)などのバッファローコアを取り入れ、より洗練されたサウンドを展開している。手の甲に×印を書くほど、ストレートエッジをアピールしているが、“闘う女”のバンド、という印象を受ける。女性ボーカルといえば、ヒステリックな金切り声のバンドが多いが、ここにあるのは怒りの怒声だ。

 

前作の歌詞では、〈私のアイデンティティを否定する、私の文化を抑制する、目に見えない日常の闘争〉など、外へ向けて闘争的だったが、今作では<私は心の中で何が助けられない>や<愛と憎しみ、痛みと喜び>など、内省的な内容が目立つ。苦しみや葛藤、喜びを自問自答して、問題を取り除くような自己鍛錬のようなストイックさを感じ取ることができる。

 

バッファローコアから進化した女性ボーカルがメインのストロングなハードコアいう、自分たちのスタイルも確立しつつある。発売されるであろうデビューアルバムに、期待が持てる内容の作品だ。

こちらからダウンロードできます。

Touché Amoré(トゥーシェ・アモーレ)
『Dead Horse X(デッド・ホースX)』

ロサンゼルス出身の激情エモ・バンドの19年に発表した5作目。彼らといえば、スクリーモがメタルの一ジャンルとして形骸化する前の、激情なサウンドを現代風にアレンジし、よみがえらせたバンドだ。

 

今回、デビュー作である『…To the Beat of a Dead Horse(..トゥ・ザ・ビート・オブ・ア・デッド・ホース)』を、バンド結成10周年を記念して、新たに録り直した。本来リマスター盤を発売する予定だったそうだが、再度録り直した理由は、マスターテープを紛失してしまったため。しかたなく録り直しに踏み切ったそうだ。

 

デビュー作である『..トゥ・ザ・ビート・オブ・ア・デッド・ホース』は、エモーショナル・ハードコアのように太く荒々しいギターとメロディーが絡むサウンドであった。豪胆さと血が噴き出るような全力の絶叫(スクリーミング)が印象的だ。メロディーに繊細さこそ感じるが、エモーショナル・ハードコアにある、うじうじしたナイーヴな感情が一切ない。疑問の問いかけのような絶叫であった。

 

再度録り直した今作では、音の厚みと迫力が増している。自らのサウンドスタイルを確立した『Is Survived By(イズ・サヴァイヴェット・バイ)』以降のメロディックな要素を取り入れ、ブラッシュアップした作品に仕上がっている。青春の煩悶のような衝動的でパワフルなサウンドであることに変わりはない。とくに変わった部分はメロディーフレーズ。揺らめく炎のように繊細で妖艶なメロディック・サウンドには、パワフルさの奥に潜む不安や混乱などの感情を感じる。

 

『..トゥ・ザ・ビート・オブ・ア・デッド・ホース』は、エモーショナル・ハードコアの影響が濃く、オリジナルティーを獲得する前の作品で、勢いと衝動の若さゆえの粗削りさが魅力であった。よりメロディックにブラッシュアップしたことによって、『..トゥ・ザ・ビート・オブ・ア・デッド・ホース』のよさが失われず、むしろ心の奥に潜む深い感情を獲得している。再度、録り直して正解だったといえる、粗削りな未熟さが解消されたいいアルバムだ。