TOTAL FUCKING DESTRUCTION (トータル・ファッキング・ディストラクション)
『…to be alive at the end of the world(世界の終わりに生きる)』


元BRUTAL TRUTH(ブルータル・トゥルース)のドラム、Rich Hoak(リッチー・ホーク)が率いるバンド、TOTAL FUCKING DESTRUCTION(トータル・ファッキング・ディストラクション)の5作目。前作から2年という短いスパンで発表され、充実ぶりがうかがえる。

 

今作もBLACK FLAG(ブラッグ・フラッグ)からの影響が強いシンプルで扇情的なハードコア・ギターをベースにしたグラインド・コア。そこにストーナーロックから、サイケ、ファンクなどの新しいもの取り入れ、エクスペリメンタルでありながらも、ファストでプリミティブな衝動にあふれたサウンドを展開している。

 

本能の塊のようなけたたましい勢いのドラミングは、あいかわらず強烈で、このバンドの唯一無二な個性を放っている。静かでスローなギター、シャウトするボーカル、土石流のような勢いのファストな曲などと交じり合って、理性のメーターの振り切れた、トライバルでプリミティブなグラインド・コアを展開している。そこにはグラインとコア特有の過激な暴力性やブルータル色が一切ない。手数が多く壮絶なドラミングながらも、曲のペースはスロー。速さとスローが混じった、どこか不思議なサウンドなのだ。

 

アルバムのタイトルは『世界の終わりに生きる』。現在、大規模洪水や干ばつ、山火事などの異常気象に、コロナ・ウイルスによる疫病のパンデミックなど、人類滅亡を予見させる出来事が世界中で頻繁に起きている。世間を取り巻く空気も、怒りや憎しみに満ち、どこか殺伐としている。アルバムタイトルの『世界の終わりに生きる』とは、人類の終わりを迎えることを覚悟しながら生きるという意味なのだろう。といってもそこには悲しみや危機感などのシリアスな感情はなく、シンプルで簡潔な言葉で綴っている。世界の終わりを客観的にみているような、たそがれや憂い、倦怠感にも似た終末観が漂っている。将来戦争に発展するような悲惨な未来を予見しているような、珍しくストレートな表現がちりばめられているが、そこには平和を願う気持ちがあるのだ。

 

頭でっかちに考えるのではなく、本能に任せ直観を信じろ。と、いうようなプリミティブな衝動が心にダイレクトに伝わってくる。今作でも新種のグラインド・コアを提示しているし、シンプルで簡潔で野性味あふれた素晴らしい作品なのだ。

こちらから購入できます。

CODE ORANGE (コード・オレンジ)
『UNDERNEATH(アンダーニース)』

メタルコアやインダストリアル、ストナーに暗黒ドローンを融合した最先端のモダン・ヘヴィネスを代表するCODE ORENGE(コード・オレンジ)の4作目。オリジナルティーを確立した2作目の『I am King(アイ・アム・キング)』、グラミー賞のベスト・メタル・パフォーマンスにノミネートされた3作目の『Forever(フォーエバー)』と、リリースするたびにステップアップした作品を発表し、10年以降のヘヴィーロックを代表する存在として、世間から高い評価をされてきた。
そんな彼らの特徴とは、重く暗くダウナーでヘヴィネス。激しく躁な曲と絶望的に暗く鬱な曲のアップダウンを繰り返し、激しい曲が突如ストップする病的な狂気に満ちたサウンド。メタル特有のハイテンションな熱さや激しさはなく、ダウナーで重く暗い。そこにはまるで精神病患者のような、メルヘンと狂気と絶望が混然一体となった夢遊病世界が漂っている。

 

今作でも、躁と鬱のアップダウンを繰り返すサウンド・フォーマットは健在。前作よりも激しさに重点を置き、そこにインダストリアルやジャンク、ブレイクビーツ、デジタルな要素を加え、Slipknot(スリップノット)のようなニュー・メタルを、より複雑に、よりカオティックに進化させた。

 

システムエラーを起こしたデジタル音が洪水のようにあふれ出し、パニックを起こし制御の効かないコンピューターようなの狂った激しさのなかで、ヤクザ映画のような静かな狂気、不気味な笑い声や、厳格なピアノなどの、重苦しい静謐のなかで、目まぐるしい速さで走馬燈のように入れ替わっていく。そこにはまるで人格がくるくる入れ替わる多重人格者のような狂気がある。暴力的な攻撃性、苛立ち、焦り、不安、恐怖、弱さ、不気味な妖艶さといった静と動が混然一体となった情報のオーバーフローと狂気。激しさと静かさが混然一体となった情報が目まぐるしく入れ替わる、狂気なサウンドなのだ。

 

重苦しいダウナーさよりも激しさのほうに重点を置き、前作とはまた違った魅力のある作品。今作も間違いなく10年以降の新しいスタイルのヘヴィロックの形を提示した作品なのだ。

MDC(ミリオン・デット・コップ) / IRON(アイアン)
『 Split 』


17年に発売されたテキサスのハードコアバンドMDCと、スウェーデンのストレーエッジ・バンドIRON(アイアン)によるスプリット。収録されている曲は、MDCが、“Born To Die (No Trump, No KKK, No Fascist USA(ノー・トランプ、ノーKKK、ノーファシストUSA))”と“Merry fucking Christmas(メリー・ファッキング・クリスクリスマス)”、Ironが“Rise(ライズ)”と、“No way out(ノー・ウェイ・アウト)”、計4曲が収録されている。

 

IRONはヨーロッパのバンドらしく、Discharge(ディスチャージ)やCHAOS UK(カオスUK)などに影響の受けた2コード2ビートのスピーディーなハードコアにノイズコアを足して2でかけたようなサウンド。圧迫感のあるノイズの音の壁が、シャウトするボーカルと交えて、怒りと迫力に満ちたサウンドを展開。

 

対するM.D.Cは、ハードコア・パンクのようにメロディーを帯びた、2ビートのスピーディーなハードコアな曲。それにしても痛烈で過激なまでにトランプを否定している姿勢がすごい。“No trump no kkk no fascist usa(アメリカは、トランプ大統領はいらない、KKKもいらない、ファシストもいらない)”では、トランプは、KKKのような差別主義者で、独裁者というメッセージが直截的な言葉で綴られている。MDCのポリティカルな姿勢は相変わらず健在なのだ。アメリカ政府の弾圧に恐れず、批判し続ける姿勢が今作でも貫かれているのだ。相変わらずM.D.C節がさく裂している素晴らしい作品なのだ。

こちらから購入できます。