POWER TRIP(パワートリップ)
『Opening Fire: 2008-2014』

クロスオーバー・リバイバル・バンドとして知られるpower trip(パワー・トリップ)のベスト盤。バンド結成10周年を記念してデジタル音源のみの販売だが、これが新作同様のクオリティーの高い作品に仕上がっている。

 

ここで収録されている内容を説明すると、
1~3は11年リリースの『POWER TRIP(7)』から3曲収録。
4は08年リリースの『DEMO2008』から1曲収録。
5は10年にリリースされたコンピレーションアルバム『AMERICA’S HARDCORE(アメリカズ・ハードコア)』から。
6~9は、09年にリリースされた7インチシングル『ARMAGEDDON BLUES(アルマゲドン・ブルース)』から3曲。
10と11は08年のデモカセットで発売された『They Are All Vultures(ゼイ・アー・オール・ヴォルチャー)』から。
いまでは入手することが出来ないレアな曲が収録されている。長年のプロデューサーArthur Rizkによって再度リマスターされ、未完成だった曲が、現代の経験を経てブラッシュアップされ、新たによみがえった。

 

スラッシュメタルにスピーディーなオールドスクール・ハードコアを合わせた、メタルとハードコアの折衷比率が7対3の、スラッシュ度がかなり高いサウンドに変わりはない。だが2作目の『Nightmare Logic(ナイトメア・ロジック)』と比べると、迫力や勢いよりも演奏やテクニックを重視している。やはり初期のころの曲が多いため、感触は『Manifest Decimation(マニフェスト・デジメーション)』に近い。だがボーカルのテンションの高さは今作のほうが上。ハードコアの怒声や迫力とスラッシュメタルのスピーディーでメロディックなギターと、両者の魅力を最大限に引き出すようブレンドされている。

 

どんなに作品を経てもブレず、変わらずの安定したサウンド。スラッシュメタルの繊細な部分に、タフで武骨で荒々しいノイズのハードコアを合わせたサウンドは、相変わらずストレスを発散するような激しい気持ちにさせてくれる。

MINDFORCE(マインドフォース)
『 Excalibur(エクスカリバー)』

Excalibur

ニューヨーク・ハードコア・バンドのデビュー作。近年Forced Order(フォースド・オーダー)やPOWER TRIP(パワー・トリップ)、RED DEATH(レッド・デス)などのバンドを中心に、スラッシュメタルとオールドスクール・ハードコアとの融合である、クロスオーバー・リバイバル・ブームがハードコア界で起きている。MINDFORCE (マインドフォース)もクロスオーバー・リバイバル・ブームを担うバンドのひとつでスラッシュメタルやハードコアと融合したサウンドを展開している。

 

だがマインドフォースの場合、フォースド・オーダーやパワー・トリップなどのバンドとの決定的な違いがある。それはニューヨーク・ハードコアのみだけで帰結したサウンドを展開している部分だ。ニューヨーク・ハードコアのクロスオーバーの元祖として知られるLeeway(リーウェイ)のハイトーン気味のボーカルとスラッシュメタルなギターサウンドをベースに、All Out War(オール・アウト・ウォー)のスローテンポのニュースクール・ハードコアなどを融合した。スラッシュメタルからパワーメタル、オールドスクールからニュースクールへと変遷したニューヨークハードコアの歴史と伝統をしっかりと受け継いでいる。そこにラガーシャツやパーカー、キャップなどのBANE(ベイン)に代表されるスポーティーなストリート・ファッションを加え、ギャングな要素を排除しシリアスさを薄めカジュアルに進化させたバンドなのだ。

 

だから彼らのサウンドにはニューヨーク・ハードコア特有のコンクリートに覆われた地下通りの冷たい空気がふんだんにちりばめられている。歌詞は現実的な内容が多い。何度も繰り返し起きる悪夢や理想の人が落ちぶれた人生に転落したことについて。幻滅、苦しみ、怒りなどリアルな日常の生々しい言葉が、ハイトーンの苦痛に満ちたボーカルと冷厳なサウンドの雰囲気とともに、心に突き刺さってくる。クロスオーバー・リバイバル・シーンのなかでは違った個性を放っているバンドなのだ。

Fucked Up(ファックド・アップ)
『Dose Your Dreams(ドース・ユア・ドリームス)』

DOSE YOUR DREAMS [2CD]

じつに4年ぶりとなる通算5作目。今作では11年に発表したハードコア・オペラ・アルバム『David Comes to Life(デヴィット・カムズ・トゥ・ライフ)』の、続編となる内容のコンセプト・アルバムだ。

 

前々作は70年代のイングランドが舞台で、電球工場で働く労働者David Eliad(デビット・エリアーデ)が主人公。Veronica(ヴェロニカ)という活動家の女性に身を焦がすような熱烈な恋に落ち、爆破で彼女を失った。彼女の死の意味を考え、その存在を心に刻み、残された人生を生きていくという内容であった。

 

今作ではデヴィットがJoyce(ジョイス)という高齢の女性に出会うところから話が始まる。彼女の教えで自己啓発され、新しい自分に目覚めていく。そして“Dose Your Dreams(ドース・ユア・ドリームス)”ではジョイスの死別しその遺志を継ぐ決意が歌われている。“I Don’t Wanna Live in This World Anymore(この世に私の生きる場所なんてない)”では深い絶望の淵に落ち、生きる意欲を失うほどの挫折を味わう。そして“Joy Stops Time(喜びは時間を止める)”では、喜びや人を愛する事こそ生きる希望であることを知り、どんなにつらくても生き抜く決意をしていく。そこで物語は終わる。新しい自分に目覚め、挫折を経験し、生きる意味を導いていく。人生の成長を描いた物語なのだ。

 

コンセプトアルバムのため焦点がそこに行きがちだが、肝心のサウンドは全作品のなかで一番実験的な作品といえるほど、充実した内容に仕上がっている。今作でもNEGATIVE APPROACH(ネガティヴ・アプローチ)に多大な影響を受けた怒声ボーカルのインパクトを中心とした、ポスト・ハードコアとでも呼ぶべきか、アート・ハードコア(ピッチフォークではその呼び名を使用している)なサウンドを展開している。アンビエントやエレクトロニカなどのキラキラ系の電子音から、インダストリアルの工場音、サイケデリックなゆがんだギター、大人びたジャズのサックス、幻想的な女性ボーカル、ムーヴシンセなど、シンセポップなサウンドをふんだんに取り入れている。相変わらずどこにもないエクスペリメンタルなサウンドなのだ。

 

だが以前のようなハードコア特有の荒々しい攻撃的なギターサウンドはなくなった。代わりにカラフルなギターで、トリップするような幻想的なサウンドを変化している。ハードコアの荒々しさを求めて彼らの音楽を聴いている人からすれば、この変化に対してガッカリさせられた気分になる。だが彼ら場合、裏切られた気分にはならない。その理由は新しいことに果敢にチャレンジして、意欲的な熱意が作品全体から漲っているからだ。だからその変化に対して好感を持って受け入れられるのだ。

 

まるで現実と寝るときに見る夢との境界線を行ったり来たりし、アンビバレントな気分になるサウンド。新しいことにチャレンジしているし、今作もいい作品だ。

SICK OF IT ALL(シック・オブ・イット・オール)
『Wake The Sleeping Dragon!(ウエイク・ザ・スリーピング・ドラゴン)』

WAKE THE SLEEPING DRAG

じつに4年ぶりとなる12作目。このバンドも息が長い。いまだ衰えない闘争心で、ガッツにあふれたファイトソングを歌い、不安や憂鬱さなどの負の要素が一切ない、困難を乗り越えていく強い意志と、エネルギッシュなサウンドを展開している。

 

そんな彼らの新作だが、その姿勢はブレることなく一貫してつらぬかれている。スピーディーで野太くもノイジーなギターに、怒声がシャウトし、力強いOiコーラスが団結心をかきたてる彼らしい個性の曲から、メロディック・パンクを取り入れた曲、ハイテンポからスローダウンする曲など、微妙に変化の富んだ曲がありながらもいつも熱く男くさいSICK OF IT ALL(シック・オブ・イット・オール)節がさく裂している。

 

今作では社旗問題に切り込んだ内容が目立つ。具体的な個人を攻撃した“Robert Moses Was A Racist”(ロバート・モーゼスは人種差別主義者だった)では、英雄と思っていた彼が差別主義者だと知って裏切られた思いや、“Work The System”(仕事のシステム)では、賃金を搾取する最高責任者(CEO)が賞賛される世の中への欺瞞と警鐘を訴え、“The New Slavery”(新しい奴隷制度)では、国家の権限を超越し大企業による支配が始まったと歌っている。

 

そしてWake The Sleeping Dragon(スリープドラゴンが目覚める)では人種の壁を乗り越え団結し、騙されていることから目覚め、高台で富を搾取している資本家たちへ戦えと、自由と権利を勝ち取るために立ち上がれと、聴くものに訴えかけている。資本家や体制に戦っていく姿勢。いつも通り聴くものに勇気と魂を熱くたぎらせる作品だ。

Sheer Terror(シアー・テーラー)
『Pall In The Family(パール・イン・ザ・ファミリー)』

Pall In The Family

2010年の再結成以来順調な活動を続けている。このバンドもSICK OF IT ALL(シック・オブ・イット・オール)と並び息が長い。持続する強い意志を持ったバンドだ。ニューヨーク・ハードコア・シーンのなかでも、シンプルで野太く低音のギターサウンドと、ヤクザが恫喝するようなドスの効いた低音のボーカルスタイルは、その後のニューヨークでニュースクール・ハードコアと呼ばれる連中たちに真似されるほど、多大な影響を与えた。
 
2年ぶりとなる7枚目となるEPでは、日本で極悪ハードコアと呼ばれた彼らのサウンドスタイルは相変わらず健在で、変わることのない骨太なハードコアを展開。今作でも地響きのようにウーハーを響かせ大手を振るうヤンキー車のような低音のオールドスクール・ハードコア。スピーディーでオーソドックスなハードコアな曲から、スラッシュメタルのようなテクニカルなギターの曲など、初期のころから一貫して変わらない彼ららしいオールドスクールなハードコアを展開している。
 
極悪ハードコアという強烈な個性で、時代がどんなに移り変わっても変わることのないニューヨーク・ハードコアの伝統を守り抜いたトラディッショナルな作品だ。なおCDでは”Split”7″と、THE OLD FIRM CASUALSとのスプリット、計4曲がボーナストラックとして追加された8曲入り。

KING NINE(キング・ナイン)
『Death Rattle(デス・ラトル)』

Death Rattle

 

ニューヨークはロングアイランド出身のニュースクール系ハードコア・バンドの2作目。このバンドもニューヨーク・ハードコアの伝統を大切にしたバンドの1つである。MADBALL(マッドボール)からALL OUT WAR(オール・アウト・ウォー)、Merauder(メラウダー)を経たパワー・メタルとヒップホップ色の強いニュースクール系ハードコアから進化したバンドだ。

 

ギャングのような路地裏の匂いがするノイジーで音の厚みのあるパワフルなギター。しっかりとしたリリックで歌う扇情的でエネルギッシュなヒップホップの歌いまわしのボーカル。スピード感よりも緊迫感を刻むミドルテンポのリズムのドラム。シリアスなムードの重低音に重点を置いた迫力あるサウンド。何よりこのバンドの魅力はいろいろなタイプのハードコアな曲がある部分にある。メタルとヒップホップを掛け合わせたALL OUT WAR(オール・アウト・ウォー)やMerauder (メラウダー)のサウンド路線をさらに強度が増した曲から、スローテンポから急激にピッチが速くなる曲。シリアスな空気が印象的なイントロだけの曲。ヒップホップの掛け合いの曲から、94年以降のニューヨーク・ニュースクール・ハードコアのいろんなタイプ曲を演奏している。ニューヨークハードコアの伝統にリスペクトと継続。それがこのバンドの特徴といえるだろう。

 

インタビューで「すべての人は自分の楽園に行くために地獄を通過しなければならない」という発言通り、地獄のような修羅場を乗り越えてこそ天国たどり着けるという考え方を持っている。そこには、被害者意識がみじんも感じられないアグレッシブさと、ストイックさと、戦う闘志に満ちている。ニューヨーク特有の不良の匂いがする攻撃的なハードコアな作品だ。