FULL OF HELL(フル・オブ・ヘル)
『Weeping Choir(ウィーピング・クワイア)』

ペンシルベニア出身の19年に発表された4作目。FULL OF HELL(フル・オブ・ヘル)といえば、 Merzbow(メルツバウ)などのノイズ・ミュージックと、パワー・バイオレンスを合わせた暴虐なサウンドで、オリジナルティーあふれた、新生代のパワー・バイオレンス/メタル・バンドなのだ。

 

2作目となる『Rudiments of Mutilation(ルーディメンツ・オブ・ミュートゥレーション)』では、ブラストビートを中心としたファストで荒々しいパワー・バイオレンス・サウンドで、それほどオリジナルティーを感じさせなかったが、14年にMerzow(メルツバウ)と共同制作されたコラボレーション・アルバム『Full of Hell & Merzbow(フル・オブ・ヘル&メルツバウ)』をきっかけに、ノイズ・ミュージックを取り入れたサウンドに傾倒していく。

 

そして3作目の『Trumpeting Ecstasy(トランぺティング・エクスタシー)』では、穏やかで暗くダウナーなノイズと、パワーバイオレンスの脳天を突き抜けるような激しさの、二律背反する要素上手く融合させ、唯一無二のオリジナルティーを獲得した。

 

そして今作では、さらに進化したサウンドを展開している。前作ではダウナーなノイズとハイテンションなパワーバイオレンスが、スイッチを切り替えるようなメリハリのサウンドだったが、今作ではマシンガンの高速連射のドラムを中心に、いろいろな要素が混然一体化したカオティックなサウンドを展開している。やはり特筆すべきは、地響きのような低音の叫び声と、下水道ボーカルに、ヒステリックな高音ボーカルの、3種類の歌い方がシンガロングしたボーカルだ。まるで地獄の合唱団。そこには嘆きや、苦痛の泣き叫び、救いの悲鳴などが混じり合った、阿鼻叫喚するボーカルなのだ。

 

“満載した地獄”というバンド名が示す通り、あらゆる地獄をフルに詰め込んだサウンドだ。無間地獄で絶望のカタルシスと甘美な苦痛を感じさせるドローンアンビエント。等活地獄で掘削のように高速連射で叩きつけられるドラム。火炎地獄で業火に焼かれているブルータルなギター。土中地獄で地の底に埋められているような感覚のノイズ・ミュージックのイントロ。阿修羅地獄のような混乱と恐怖が入り混じったフリージャズなどの、あらゆる地獄を感じさせる要素が超スピードで、カオティックに混ざり合っている。まさに阿鼻叫喚としか表現できない地獄のサウンドなのだ。

 

もはやジャンル分けが不可能なほど、強烈な個性を解き放っている。自分の情報力の遅さにげんなりしてしまうが、間違いなく彼らは、メタル界の最前線の新しいサウンドなのだ。去年のベスト3に入る素晴らしい作品だ。

Pyrrhon(ピーロン)
『Abscess Time(アブセス・タイム)』

ニューヨーク出身のテクニカル・デスメタル・バンドの4作目。テクニカル・デスメタルとは、デスメタルを中心に、70年代のプログレやフリージャズやマスコアなど、最先端のヘヴィーロックな要素を詰め込み、テクニカルで実験的なサウンドなのだ。

 

マスコアの要素をぶち込み、自身のスタイルを確立した“The Mother of Virtues(ザ・マザー・オブ・バトゥルズ)”。アンセインのようなジャンクやインダストリアルな要素を詰め込み、ブルータルデス・メタルのようなけたたましいドラミングが印象的な“What Passes For Survival(ワット・パセス・フォー・サバイバル)”。そして今作では、Today is the Day (トゥディ・イズ・ザ・ディ)のようなアヴァンギャルド・メタルな要素をぶち込んだ。

 

ヒステリックで甲高い叫び声とノイズが中心だったToday is the Day (トゥディ・イズ・ザ・ディ)と比べると、Pyrrhon(ピーロン)はもっとヘヴィーで重く、ノイズや効果音など装飾を排除した骨太なサウンドを展開している。嵐のなかを立ち向かっていく激しく怒声が入り混じった叫び声。激しすぎて音がゆがんでいくエクスペリメンタルなギター。極限まで響く高音がリヴァーヴしていく。すべてがハイテンションで、下水道ボーカルにブラスト・ビートなど、マッドであらゆる暴虐な要素を詰め込んでいる。

 

歌詞には、お金がすべての経済物質主義への批判などを歌詞が並ぶが、怒りと負の要素にまみれたおどろおどろしいサウンドの情感を言葉に表している。まるで地獄の業火に焼かれているような暗く重く暴虐なサウンド。CODE ORANGE(コードオレンジ)とは異なる方向性だが、Pyrrhon(ピーロン)もまた、エクスペリメンタルで最先端のヘヴィネスを提示したバンドなのだ。

SHITFUCKER(シットファッカー)
『Sex With Dead Body(セックス・ウィズ・デッド・ボディー)』

デトロイト出身のメタル/ハードコア・バンドの2作目。彼らの特徴とは、メタルとハードコア・パンクが融合したサウンドだが、D.R.IやSuicidal Tendencies(スイサイダル・テンデンシーズ)のようなスラッシュ・クロスオーバー)でもなければ、Shadows Fall(シャドウズ・フォール)のような近代的なメタルコアでもない。日本のハードコア・バンドのGISM(ギズム)やイギリスのブラック・メタルの先駆者VENOM(ヴェノム)を合わせた。80年代の極悪メタル&ハードコアを感じさせる骨太なサウンドなのだ。

 

不穏な空気と音が割れ歪みまくっていた録音状態の悪いサウンドが魅力だった前作と比べると、今作では、さらにノイジーなサウンドを展開している。今作でもコード進行やボーカルの歌い方からはGISM(ギズム)やVENOM(ヴェノム)の影響を感じる、ミディアム・テンポのメタル/ハードコア・サウンドをベースにしている。前作よりもメタル度が増し、ノイジーでバイオレンスな作品に仕上がっている。悪魔のささやきのようなボーカルに、バリバリ響くノイジーなギター。魔界をイメージさせるスローからピッチが上がる曲や、土石流のような勢いのブラストビートな曲、スラッシュメタルな曲などがあり、バラエティーに富んだ作品に仕上がっている。

 

サウンド。アルバム・タイトルの『死体と性交』が指し示す通り、かなりひどいアティテュードを持ったバンドだ。彼らが掲げているのは、卑劣さと悪魔崇拝にナチズムと血と暴力。そこにMotörhead(モーターベッド)のワイルドさとGG Allin(GGアリン)のスカトロ性をぶち込み、あらゆる邪悪な要素を詰め込んだ。

 

アルバム・ジャケットの真ん中のシールを剥がすとそこにはケツとキンタマが丸出しの被害者の写真が隠されていて、まるでヤンキー漫画のように、喧嘩の強いものが世界を征すような暴力に満ちた世界観がある。だがその暴力に満ちたジャケットには、どこかしら笑えるジョークのような要素がちりばめられている。けっしてシリアスな気持ちにはなれないところがこのアルバムの魅力の一つなのだ。

 

ワイルドで猥雑な時代錯誤なスタイルと、下品であらゆる邪悪な要素をふんだんに詰め込んだサウンドには、現在、没個性の傾向にあるアメリカン・ハードコア界で、唯一無二の個性を放っている。とてもアクの強い作品なのだ。

こちらから購入できます。