Dorpdead(ドロップデッド)
Demo2019

19年に発表されたデモEP。91年から活動を始め、パワーバイオレンス・シーンの創始者のバンドの一つとして知られているドロップデッド。Unholy Grave(アンホリー・グレイヴ)やCONVERGE(コンヴァージ)などのバンドとスプリットを出しながら、現在も地道な活動を続けている。

 

1分という短い時間のなかに全身全霊をかけてすべてつぎ込むパワーバイオレンス。グラインドコアから進化したサウンドで、ファスト・コアのなかにストップ&ゴーや、ハイスピードからスローテンポにシフトチェンジする要素を取り込み、ガテラルボイスを絶叫やハイテンションに変え、パワーバイオレンス(力の暴力)を強調させたサウンドなのだ。

 

ドロップデッドとは、SPAZZ(スパッツ)やMan Is the Bastard(マン・イズ・ザ・バスタード)と同様に、パワーバイオレンスの創始者のひとつとして知られるバンドだ。そんな彼らの特徴とは、Discharge(ディスチャージ)やCRASS(クラス)などのアナーコパンクなどの80年代のハードコアをパワーバイオレンスに取り込んだサウンド。ドロップデッド(落とす死)と名付けられたバンド名は、ボストンのグランドコアの先駆者であるSIEGE(シージ)のアルバムのタイトル名からとったのだろう。だがそこにはもう一つの意味があり、おそらく原爆のことを示唆しているのだろう。広島でのライヴアルバムなどもあり、戦争の残酷さや、反戦争などのアティテュードを掲げているバンドでもあるのだ。

 

そんな彼らのサウンドとは、1分以内のファストな曲のなかに絶叫やブラストビート、ノイジーなギターのハイテンションを詰め込むパワーバイオレンス。サウンド的にはボストンのグランドコアの先駆者といわれるSIEGE(シージ)からの影響が強く、全作品を通じて、メタルや他ジャンルからの影響がまったくない純粋なハードコアをベースにしたサウンドを展開。アルバムごとに、ノイズコアよりの作品もあれば、2ビートのハードコアなど、微妙な変化こそみられるが、一貫してブレない姿勢を見せている。

 

デモ2019と名付けられた今作は、19年の春に録音した28曲のデモのなかから、選りすぐりの10曲をバンドキャップにて販売。将来発表される3作目のアルバムに収録予定の曲から厳選されたそうだ。タイトルや歌詞は仮のようだが、それなのに発表した理由には、6月に盗まれた車の資金を調達するために、急遽販売したそうだ。

 

肝心のサウンドだが、今作では骨太なギターが印象的なハードコア・パンクなサウンドを展開している。絶叫やハイテンションなパワーバイオレンスは曲ない。80年代のシンプルなハードコア・パンクを短くしたような曲郡で、やはり未完成な印象は拭えないが、彼らの曲作りの工程がよく分かる内容なのだ。おそらくこれから原曲のシンプルなハードコアに、過激でノイジーなギターを載せ、ボーカルの絶叫を加え、粘土細工のようにいろいろな要素を加えては捨てながら、ブラッシュアップし、完成形に仕上げていくのだろう。そんな工程が容易に想像できる作品なのだ。

こちらからダウンロードできます。

No One Knows What The Dead Think (ノー・ワン・ノウズ・ワット・ザ・デッド・シンク)

01年に解散したグラインドコア・バンドDISCORDANCE AXIS(ディスコダンス・アクシス)。その中心メンバーであるボーカルJon Chang(ジョン・チャング)とギターRob Marton(ロブ・マートン)が中心に、ドラムに元COHOLのNakano kyousuke(ナカノ・キョウスケ)を加え、結成されたのがNo One Knows What The Dead Think(ノー・ワン・ノウズ・ワット・ザ・デッド・シンク)だ。

 

グラインド・コア界でもベースレスの3人編成で異彩な個性を放っていたディスコダンス・アクシス。放射線物質の怖さを歌った福島原発事故を予見するような内容で、エモがスクリームに進化した、ごく初期のころのスクリーモをグラインドコアに合わせたバンドだった。

 

ノー・ワン・ノウズ・ワット・ザ・デッド・シンクもディスコダンス・アクシスと同様で、絶叫ボーカルとデス声にノイズギターを中心としたグラインドコア。ベースレスで音に厚みがあり衝動的で迫力あるサウンドだったディスコダンス・アクシスと比べると、ノイズギターは薄れ、代わりにスラッシュ・メタルなギターや、コンヴァージやデリンジャー・エスケープ・プランのようなマスコアの要素を全面に出たテクニカルなバンドになっている。なにより音がクリアーで、録音状態がいい。良くも悪くも聞き取りやすい音になっている。

 

“Yorha”(ヨルハ)や“Rakuyo”(落陽)、“Autumn Flower”(秋の花)、“sayaka”(さやか)、“kaine”(ケイン)などの季節や人の名前をイメージさせる曲のタイトルから察するに、けっしてポリティカルなメッセージ性を掲げているバンドではないだろう。だが今作でもディスコダンス・アクシス時代の曲で、日本語の放射線のアナウンスが印象的だった“Dominion”(ドミニオン)が再録されている。

 

全曲、カラオケと名付けられたボーカル・レスな曲を収録。だがその曲はボーカルがなくてもインストゥルメンタルな曲として十分成立している。全体的にゲームのようなスピーディーさテクニカルな演奏でカオティックなサウンドを展開。そこにシリアスさはない。スラッシュメタルやマスコアをグラインドコアに合わせた新しいタイプのサウンド。新しい形のグラインドコアを提示したバンドといえるだろう。

SECT(セクト)
『Blood of the Beasts (ブラッド・オブ・ザ・ビーストズ )』

ニューヨーク出身のヴィーガン・ストレートエッジ・バンドの3作目。Trash Talk (トラッシュトーク)やNALIS(ネイルズ)と同様に、バリバリ響くノイズギターを中心とした、最先端のハードコア・サウンドを展開している。今作でもそのサウンド路線に変わりはない。前作よりも、さらに過激に、よりスピーディーに、よりノイジーに、より重いサウンドに、深化している。

 

今作のアルバムタイトルは、フランスで1949年に上映された、ジョルジュ・フランジュ監督の食肉処理場ドキュメンタリー映画、『獣の血(英語読みでブラッド・オブ・ザ・ビーストズ)』から採用。残酷な内容の映画で、首を刎ねられた牛や羊がピクピク動き、皮を剥ぎ、肉を切るシーンは、食肉加工のおぞましい現場をリアルに生々しく伝えている。

 

今作では映画の屠殺の残酷さを、サウンドで忠実に再現することがコンセプトになっている。歌詞には“屠殺場で皮膚のしわから蒸気が上がる”などのリアリティーのある言葉が目立ち、機械のように無感情で淡々と動物を殺していく屠殺場の残酷さをイメージさせる。

 

その臨場感のあるサウンドからは、まるで業火に焼かれているような苦しみや、断末魔の叫びのような絶望を感じることができる。圧迫するような恐怖がひしひしと伝わってくるのだ。

 

アニマルライツ(動物の権利)だけでなく、そのほかにもメキシコ国境の壁についての人種差別への抗議や、ドラッグで崩壊した家庭などについても歌っている。総じて伝えたい内容は、動物の虐待や差別主義者の独裁者の台頭に、無自覚でいる庶民への警鐘なのだ。

 

今作でもプロテストソングの高いモチベーションを保ち、ヴィーガン・ストレート・エッジという信念を貫いた、熱い作品なのだ。