TOTAL FUCKING DESTRUCTION (トータル・ファッキング・ディストラクション)
Rich Hoak(リッチ・ホーク) インタビュー

TOTAL FUCKING DESTRUCTION (トータル・ファッキング・ディストラクション)が8年ぶりに通算4作目となる新作『#usa4tfd』を発表した。2014年解散したBRUTAL TRUTH(ブルータル・トゥルース)のドラムであるRich Hoak(リッチ・ホーク)が中心となって結成されたバンドで、グラインド・コアにプリミティヴなパンク/ハードコアを加えたサウンドを展開している。グラインド・コアにドゥームやフリージャズ、ノイズなどの要素を取り入れたブルータル・トゥルースとは違い、扇情的で外へ向かって攻撃的でシンプルなサウンドが特徴なのだ。ブルータル・トゥルースとは異なる方向性のグラインド・コアを追求しているバンドなのだ。今作では前作以上に尋常でないテンションと破壊力のある作品に仕上がっている。インタビューでは、グラインド・コア・シーンに対するこだわりから、ブルータル・トゥルースを解散した理由、トータル・ファッキング・ディストラクションの活動を続けた理由など、話を訊いてみた。

 

———フルアルバムとしてはじつに8年ぶり、2015年にスプリットを発売して以来の作品です。アルバムを発表するのに、これだけ時間がかかった理由を教えてください?

 

Rich Hoak(リッチ・ホーク):日々の生活に追われて活動できなかったのが原因かな。最初の2年間は元気だったんだ。俺には2人の子供がいてね。俺の兄弟の人生最後を面倒見てたんだ。現在、母は94歳で日々の介護に追われている。トータル・ファッキング・ディストラクション自体も困難な問題を抱えていて、訴訟に発展したけど、結局敗訴してしまったんだ。世界の終わりに生きることは難しいよ。

 

———2014年にBRUTAL TRUTH(ブルータル・トゥルース)は解散しました。『END TIME(エンド・タイム)』は完成度が高いアルバムで、満足がいく内容だったから解散したという噂があります。ブルータル・トゥルースを解散した理由は、音楽への情熱が燃え尽きたからなのでしょうか?

 

リッチ・ホーク:俺たちはいままで頭で描いた音楽を実現するため日々懸命に努力してきた。その結果、目指していたエクストリーム・ミュージックが完成した。『エンド・タイム』そんな手ごたえを感じた作品だった。それはミュージカルのように美しい瞬間だ。俺たちはたくさんの音楽を聴いてアルバムを作り、ツアーするのがとても楽しかった。Danny Lilker(ダニー・リルカー)とは1993年に一緒に活動を始めて以来、とても親しい友人だった。でもブルータル・トゥルースはビジネスとして成立するのがとても難しいバンドだ。生きていくためにはたくさんのツアーをこなす必要があった。でも俺たちはもう若くない。90年代には年間250から300のライヴを演った。現在の年齢で同じ数だけライヴをこなすのは体力的に不可能だ。だから解散を決意したダニーの気持ちを最大限理解しているよ。彼とは敬意と友情をもって友人関係が続いている。

 

———ブルータル・トゥルースは解散しましたが、トータル・ファッキング・ディストラクションの活動を続けた理由を教えてください。

 

リッチ・ホーク:トータル・ファッキング・ディストラクションは、ある意味、俺の人生の全てなんだ。俺の人生で実際にあった出来事、未来へ向けたポエムなどを歌い、サウンド面ではグラインド・コアの進化の最前線を追求している。俺の人生のすべてであって、生きている証がトータル・ファッキング・ディストラクションに込められている。俺が生きている限り、トータル・ファッキング・ディストラクションの活動だけは止めることができないよ。

 

———ブルータル・トゥルースとトータル・ファッキング・ディストラクションの違いを教えてください。

 

リッチ・ホーク:ブルータル・トゥルースはパーティーみたいなものだったけど、トータル・ファッキング・ディストラクションは楽しい葬式のポエムのようなものかな。

 

———グラインドコアの特徴といえばガテラルボイスです。トータル・ファッキング・ディストラクションには一切がありません。ガテラルボイスを入れない理由を教えてください。

 

リッチ・ホーク:俺はドラマーで、ミュージシャンではないんだ。だから凝った音楽を作ることが嫌いでね。曲に関しては本能に従って作っている。脳の奥で感じた“怒り”、“直観”、“破壊”などかな。自分の感情をダイレクトに歌っているんだ。それが俺にできる唯一の方法だよ。

 

TOTAL FUCKING DESTRUCTION

#USA4TFD

Give Praise Records